書籍

「箱根富士屋ホテル物語」

箱根富士屋ホテル物語 (小学館文庫) 作者:山口 由美 小学館 Amazon 箱根富士屋ホテルと言えば歴史を誇る名門ホテルですが、最近、ちょっと立ち寄る機会があり、改めて関心を持って、この本を読んでみました。 著者は同ホテルの創業者一族で、単なるライター…

「早く絶版になってほしい #駄言辞典」

早く絶版になってほしい #駄言辞典 日経BP Amazon 男は家事、女は家庭といった、旧態依然とした感覚を引きずっていて、その感覚で物を言ってしまうという場面はありがちなものですが、本書では、日常、ありがちなそういった言動を丹念に取り上げて、問題性を…

「クレムリン秘密文書は語る 闇の日ソ関係史」

クレムリン秘密文書は語る 闇の日ソ関係史 (中公新書) 作者:名越健郎 中央公論新社 Amazon 最近、 真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960 (講談社現代新書) 作者:池上彰,佐藤優 講談社 Amazon を読んでいたところ、「クレムリン秘密文書は語る…

「新版 バブルの物語」

[新版] バブルの物語 作者:ジョン・ケネス・ガルブレイス ダイヤモンド社 Amazon 読まねば読まねばと思いつつ、ずっと読めずにいたものですが、最近、やっと通読できました。 現在の日本における不動産や株が「バブル」なのかは見方が分かれるところですが、…

「戦国の村を行く」

戦国の村を行く (朝日新書) 作者:藤木 久志 朝日新聞出版 Amazon 藤木氏の本は、読んでみたいと思いつつ、買って放りっぱなしでなかなか読めずにいたのですが、これがKindleで出ていることを知り、落として読んでみました。予想通り興味深く読めました。 私…

「真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960」

真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960 (講談社現代新書) 作者:池上彰,佐藤優 講談社 Amazon 私自身、東京地検公安部に在籍していたこともあり、また、その後も右翼、左翼といった存在には興味、関心を持っていて、平均的な日本人よりはそうい…

「ミャンマー政変ークーデターの深層を探る」

ミャンマー政変 ──クーデターの深層を探る (ちくま新書) 作者:北川成史 筑摩書房 Amazon 一昨年、初めてミャンマーを訪問したこともあって、ミャンマーにはその後も興味関心を持ち、今年に入ってのクーデターには驚くとともにそれについても関心を持っていた…

「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価

「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価 (角川新書) 作者:大木 毅 KADOKAWA Amazon 山本五十六については、多数の書籍があり、映画でも取り上げられて、今なお根強い人気がある人物ですが、本書では、戦略、作戦、戦術という観点で、山本五十六を…

「細川ガラシャ夫人」

細川ガラシャ夫人 作者:三浦 綾子 パンローリング株式会社 Amazon 最近、移動中の車内でアマゾンのオーディブルを聴いていますが、たまにはこういう小説も良いだろうと思い、聴いてみました。 細川ガラシャの幼少時から細川忠興の若妻時代は、明智光秀の動き…

「吉田松陰とその家族 兄を信じた妹たち」

吉田松陰とその家族 兄を信じた妹たち (中公新書) 作者:一坂太郎 中央公論新社 Amazon 大河ドラマ「花燃ゆ」放映当時に出た本で、Kindleで落としてそのままになっていたので、最近になって読んでみました。 私の場合、吉田松陰といえば 合本 世に棲む日日(…

「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る 作者:オードリー・タン プレジデント社 Amazon 参加している読書会の課題図書になっていて、通読しました。著者は今や話題の人ですが、著書を読んだことはなく興味、関心があったので、良い機会になりました。 AI…

「沖縄決戦ー高級参謀の手記」

yjochi.hatenadiary.com ずっと読み進めていたのですが、細かい戦況の話が延々と続き、地理がわからないのでGoogle マップで引いてみたりしながら読んでいるうちに、結構、時間がかかり、最近、やっと読み終えました。骨は折れましたが、沖縄戦への理解がよ…

「大和」艦橋から見たレイテ海戦 栗田艦隊は決して逃げていない!

「大和」艦橋から見たレイテ海戦 栗田艦隊は決して逃げていない! 作者:都竹卓郎 桜の花出版 Amazon 著者は、2018年に惜しくも逝去されましたが、2017年に、靖国神社であるイベントがあり、その際、間近でお姿を拝見したことがあります。かくしゃくとしてい…

「幻の本土上陸作戦 オリンピック作戦の全貌」

幻の本土上陸作戦 オリンピック作戦の全貌 (祥伝社新書) 作者:NHK「果てなき殲滅戦」取材班+中津海法寛 祥伝社 Amazon 以前、NHKで放映されたものが書籍化され、番組を観た記憶があって、早速、読んでみました。 昭和20年(1945年)秋以降に計画されていた連…

「日本大空襲「実行犯」の告白ーなぜ46万人は殺されたのか」

日本大空襲「実行犯」の告白―なぜ46万人は殺されたのか―(新潮新書) 作者:鈴木冬悠人 新潮社 Amazon 2017年にNHKBSで放映された番組が書籍化されたものですが、その番組を見た記憶があったので、最近出た本書を、早速、読んでみました。 私の認識では、日本…

「中国、日本侵攻のリアル」

中国、日本侵攻のリアル 作者:岩田清文 飛鳥新社 Amazon 先日、読了した 自衛隊最高幹部が語る令和の国防(新潮新書) 作者:岩田清文,武居智久,尾上定正,兼原信克 新潮社 Amazon が、防衛問題を考える上でなかなか興味深く参考になるものがあり、対談者の1人…

「河井継之助の決断:長岡攻防戦における機動戦略とその限界」

河井継之助の決断: 長岡攻防戦における機動戦略とその限界 (歴史ソウゾウ文庫) 作者:福田 誠 Amazon かつて歴史関係の雑誌に掲載されたもののようですが、Kindleで読めるのをたまたま知り、興味を感じて読んでみました。 河井継之助が家老であった長岡藩が加…

「令和を生きる 平成の失敗を越えて」

令和を生きる 平成の失敗を越えて (幻冬舎新書) 作者:半藤 一利,池上 彰 幻冬舎 Amazon 一昨年の令和元年に出た本ですが、読んでいなくて、最近になって読みました。歴史に精通した半藤氏と博学な池上氏の対談で、なかなか読み応えがありました。 私が司法修…

「三島由紀夫 悲劇への欲動」

三島由紀夫 悲劇への欲動 (岩波新書) 作者:佐藤 秀明 岩波書店 Amazon アマゾンのオーディブルでこれがあり、興味を感じて、移動中の車内で聴くようになって、最近、聴き終えました。 私自身、三島由紀夫や作品についての知識はごくわずかしかありませんが、…

「自衛隊最高幹部が語る令和の国防」

自衛隊最高幹部が語る令和の国防 (新潮新書) 作者:岩田 清文 ,武居 智久 ,尾上 定正 ,兼原 信克 新潮社 Amazon 自衛隊の幕僚長等を務めた元幹部らによる対談で、興味を感じて読んでみました。 軍事面から見た、現在の日本が置かれた状況、他国による日本攻撃…

「太平洋戦争への道 1931-1941」

太平洋戦争への道 1931-1941 (NHK出版新書 659, 659) 作者:半藤 一利,加藤 陽子 NHK出版 Amazon 2017年8月に、NHKラジオで行われた対談が書籍化されたということで、早速、読んでみました。 対談者は、いずれも、ジャーナリスト、研究者として昭和史に造詣が…

米、台湾に自走砲 バイデン政権初の武器売却に中国反発

米、台湾に自走砲 バイデン政権初の武器売却に中国反発(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 米国防総省は、台湾が、米国などの部隊との相互運用能力を高めるとしている。今年1月にバイデン政権が発足した後、台湾への武器売却は初めてで、中国政府は反発…

「戦争というもの」

戦争というもの 作者:半藤 一利 PHP研究所 Amazon 今年1月に惜しまれつつ逝去した半藤一利氏の最後の著作、ということで、読んでみました。 雑誌に連載した上で、加筆して出版という予定であったようですが、体調悪化、逝去により、雑誌連載のものをまとめて…

「清六の戦争 ある従軍記者の軌跡」

清六の戦争 ある従軍記者の軌跡 作者:伊藤 絵理子 毎日新聞出版 Amazon 毎日新聞の連載が書籍化されたものですが、私自身、連載を読んでいたこともあり書籍化を知って興味を感じて読みました。連載よりは大幅に加筆されていて、もしかしたら書籍のほうが先に…

「仁義なき戦い 菅原文太伝」

仁義なき戦い 菅原文太伝 作者:松田 美智子 新潮社 Amazon ごく最近出た本ですが、たまたま新聞広告で知り、興味を感じて読んでみました。菅原文太逝去後、既に6年余りになります。 著名な映画スタートしての姿や、晩年の反原発等に活動する姿が強烈だったの…

東京五輪にみる翻訳記事の危うさ

東京五輪にみる翻訳記事の危うさ(鴻巣友季子) - 個人 - Yahoo!ニュース わたしは正直、IOCとバッハ氏のやり方にはいろいろ疑問を抱いているし、現状での五輪開催には強い懸念をもっているが、それと翻訳者の務めは別のところにある。今回の「感謝しろ」発言…

「情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記」

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記 (文春文庫) 作者:堀 栄三 文藝春秋 Amazon 著者は、もう亡くなりましたが、敗戦時までは元大本営参謀、戦後は陸上自衛隊でも情報畑を歩み、情報のエキスパートとして本書を執筆したもので、最近、久しぶりにアマゾ…

「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」(光文社新書)」

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書) 作者:山口 周 光文社 Amazon 参加している読書会の課題図書であったので読んだのですが、なかなかおもしろい本でした。 著者は、欧米のエリートが芸術、…

「沖縄決戦ー高級参謀の手記」

沖縄決戦 - 高級参謀の手記 (中公文庫プレミアム) 作者:八原 博通 中央公論新社 Amazon 先日、 失敗の本質 作者:戸部 良一,寺本 義也,鎌田 伸一,杉之尾 孝生,村井 友秀,野中 郁次郎 ダイヤモンド社 Amazon を読み(正確には、オーディブルで聴いたので「聴き…

「純情:梶原一騎正伝」

純情: 梶原一騎正伝 作者:小島 一志 新潮社 Amazon 巨人の星、タイガーマスク、あしたのジョー等々、梶原一騎原作の様々な漫画は、昭和の人々を惹きつけ熱狂させたものでした。私も、昭和の子供として、その中にいました。 その梶原一騎が、ある日、刑事事件…