書籍

「清六の戦争 ある従軍記者の軌跡」

清六の戦争 ある従軍記者の軌跡 作者:伊藤 絵理子 毎日新聞出版 Amazon 毎日新聞の連載が書籍化されたものですが、私自身、連載を読んでいたこともあり書籍化を知って興味を感じて読みました。連載よりは大幅に加筆されていて、もしかしたら書籍のほうが先に…

「仁義なき戦い 菅原文太伝」

仁義なき戦い 菅原文太伝 作者:松田 美智子 新潮社 Amazon ごく最近出た本ですが、たまたま新聞広告で知り、興味を感じて読んでみました。菅原文太逝去後、既に6年余りになります。 著名な映画スタートしての姿や、晩年の反原発等に活動する姿が強烈だったの…

東京五輪にみる翻訳記事の危うさ

東京五輪にみる翻訳記事の危うさ(鴻巣友季子) - 個人 - Yahoo!ニュース わたしは正直、IOCとバッハ氏のやり方にはいろいろ疑問を抱いているし、現状での五輪開催には強い懸念をもっているが、それと翻訳者の務めは別のところにある。今回の「感謝しろ」発言…

「情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記」

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記 (文春文庫) 作者:堀 栄三 文藝春秋 Amazon 著者は、もう亡くなりましたが、敗戦時までは元大本営参謀、戦後は陸上自衛隊でも情報畑を歩み、情報のエキスパートとして本書を執筆したもので、最近、久しぶりにアマゾ…

「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」(光文社新書)」

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書) 作者:山口 周 光文社 Amazon 参加している読書会の課題図書であったので読んだのですが、なかなかおもしろい本でした。 著者は、欧米のエリートが芸術、…

「沖縄決戦ー高級参謀の手記」

沖縄決戦 - 高級参謀の手記 (中公文庫プレミアム) 作者:八原 博通 中央公論新社 Amazon 先日、 失敗の本質 作者:戸部 良一,寺本 義也,鎌田 伸一,杉之尾 孝生,村井 友秀,野中 郁次郎 ダイヤモンド社 Amazon を読み(正確には、オーディブルで聴いたので「聴き…

「純情:梶原一騎正伝」

純情: 梶原一騎正伝 作者:小島 一志 新潮社 Amazon 巨人の星、タイガーマスク、あしたのジョー等々、梶原一騎原作の様々な漫画は、昭和の人々を惹きつけ熱狂させたものでした。私も、昭和の子供として、その中にいました。 その梶原一騎が、ある日、刑事事件…

「辻政信の真実:失踪60年ー伝説の作戦参謀の謎を追う」

辻政信の真実: 失踪60年--伝説の作戦参謀の謎を追う (小学館新書 ま 13-1) 作者:前田 啓介 小学館 Amazon 辻政信といえば、昭和史に関する本を読んでいると、傲岸不遜、独断専行、国を誤らしめた陸軍参謀という悪い印象しか出てこず、最近亡くなった半藤一利…

「坂本龍馬と高杉晋作「幕末志士の実像」と虚像」

坂本龍馬と高杉晋作 「幕末志士の実像」と虚像 (朝日新書) 作者:一坂 太郎 朝日新聞出版 Amazon 坂本龍馬ににしても高杉晋作にしても、司馬遼太郎作品を始めとする「作品カッコを通じてのイメージが先行しがちですし、戦後に至るまでは、様々な思惑を持たれ…

「街道をゆく39 ニューヨーク散歩」

街道をゆく 39 ニューヨーク散歩 (朝日文庫) 作者:司馬 遼太郎 朝日新聞出版 Amazon ちょっとニューヨークへ行ってくる用事があり、その前に読んでおこうと思ってこれを読みました。 司馬遼太郎がニューヨークへ行ったのは1990年台前半で、それから20数年が…

「性から読む江戸時代ー生活の現場から」

性からよむ江戸時代――生活の現場から (岩波新書) 作者:沢山 美果子 岩波書店 Amazon 江戸時代の、特に後期における、史料に残っている性に関する記述をたどりつつ、人々の性に対する考え方や実態を明らかにしようとしていて、新書ながら、なかなか中身が濃い…

「喰うか喰われるか 私の山口組体験」

喰うか喰われるか 私の山口組体験 作者:溝口敦 講談社 Amazon 出張途中の航空機内で読み始め、面白くて、到着後、電車内や宿泊したホテルでも読んで、1日で読了しました。 著者の本は、結構、読んでいて、その背景にあるエピソードが様々に紹介されていて、…

「利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50」

利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50 作者:大谷 義武 幻冬舎 Amazon 最近、こういった不動産関係の本を、折を見て読んでいるのですが、この本は、不動産投資、収益物件保有の上で出てくる疑問に対して答える形で、わかりやすく丁寧に説明され…

「直観の経営 「共感の哲学」で読み解く動態経営論」

直観の経営 「共感の哲学」で読み解く動態経営論 作者:野中 郁次郎,山口 一郎 発売日: 2019/03/28 メディア: Kindle版 参加しているビジネス書読書会の今月の課題図書で、私にはなかなか難解な本でしたがなんとか読み通しました。 私は実務家で、高尚な議論…

「失敗の本質」

失敗の本質 作者:戸部 良一,寺本 義也,鎌田 伸一,杉之尾 孝生,村井 友秀,野中 郁次郎 発売日: 2013/08/02 メディア: Kindle版 前からちょこちょこと部分読みしていて、最初から最後まで通しで読んだことがなかったので、最近、利用するようになったAmazonの…

「やってはいけない不動産投資」

やってはいけない不動産投資 (朝日新書) 作者:藤田 知也 発売日: 2019/05/14 メディア: Kindle版 スルガ銀行による放漫、不正融資が世間を騒がせたことは、まだ記憶に新しいところですが、その問題を取材していた記者によるもので、その問題を中心としつつ、…

「明智物語」

明智物語 作者:森秀利 発売日: 2021/02/05 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) 明智光秀関連の本を何冊も買ったり検索したりしたせいか、アマゾンのおすすめでこれが出てきて、興味を感じ読んでみました。江戸初期に、明智家の関係者が語ったところを…

「明智光秀 織田政権の司令塔」

明智光秀 織田政権の司令塔 (中公新書) 作者:福島克彦 発売日: 2021/01/15 メディア: Kindle版 一昨年来、大河ドラマ「騏驎がくる」の関連で、明智光秀を取り上げた本を、複数読んできたのですが、今年初めに出たこれもおもしろそうだったので、最近になって…

「中古一棟収益物件攻略完全バイブル」

中古一棟収益物件 攻略完全バイブル 作者:長渕 淳 発売日: 2018/09/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) 最近、こういった分野に興味、関心を持ち、良さそうな本があるとキンドル等で買い込んでいるのですが、ちょっと時間があったため、買っていた中の一冊…

「完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録」

完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録 (文春e-book) 作者:赤石 晋一郎 発売日: 2021/04/13 メディア: Kindle版 検察庁にも似たような面がありますが、警察の捜査活動というものは、意外と知られていないもので、それだけに、映画やドラマのようなものだとか…

「フジテレビプロデューサー血風録 楽しいだけでもテレビじゃない」

フジテレビ プロデューサー血風録 楽しいだけでもテレビじゃない 作者:太田 英昭 発売日: 2021/04/07 メディア: 単行本 著者はフジテレビ生え抜きでホールディングスの社長や産経新聞会長も務めた人ですが、テレビ全盛期にフジテレビで様々な番組作りに関わ…

「菅政権と米中危機 「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで」

菅政権と米中危機 「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで (中公新書ラクレ) 作者:手嶋龍一,佐藤優 発売日: 2020/12/11 メディア: Kindle版 先日、同じ著者らによる対談 公安調査庁-情報コミュニティーの新たな地殻変動 (中公新書ラクレ) 作者:手嶋 龍一,…

「歴史上の人物たちがガイド役1!古典で旅する茶の湯八〇〇年史」

歴史上の人物たちがガイド役! 古典で旅する茶の湯八〇〇年史 作者:竹本千鶴 発売日: 2021/03/19 メディア: Kindle版 たまたま書店で見かけ、興味を感じて読んでみました。 茶道の歴史の上で、重要、有意義な古典に基づきつつ、茶道のコアな部分について、千…

「司馬遼太郎 リーダーの条件」

司馬遼太郎 リーダーの条件 (文春新書) 作者:磯田 道史,半藤 一利,鴨下 信一他 発売日: 2009/11/19 メディア: 新書 かなり前に、ちょっと読んで途中までになっていたのを、最近、書棚で見出して通読しました。 司馬作品に理想のリーダー像を見出す人、見出し…

「山本五十六 戦後70年目の真実」

山本五十六 戦後70年の真実 (NHK出版新書) 作者:NHK取材班,渡邊 裕鴻 発売日: 2015/06/09 メディア: 新書 書棚を眺めていて、読みたくなって読み進めているうちに、前に読んだ気がしてきてブログを検索してみると、 yjochi.hatenadiary.com と、読んでい…

「三好長慶:諸人之を仰ぐこと北斗泰山」

三好長慶:諸人之を仰ぐこと北斗泰山 (ミネルヴァ日本評伝選) 作者:天野忠幸 発売日: 2014/04/10 メディア: 単行本 昨年のNHK大河ドラマ「騏驎がくる」でも登場してた三好長慶ですが、読んでいる本で繰り返し目にするのに伝記の1冊も読んでいないのはどうかと…

「街道をゆく32 阿波紀行、紀ノ川流域」

街道をゆく 32 阿波紀行、紀ノ川流域 (朝日文庫) 作者:司馬 遼太郎 発売日: 2009/03/06 メディア: 文庫 先日、ちょっと徳島へ行く機会があったのですが、その前に徳島について読んでみようと思い、これを読みました。和歌山についても語られていましたが、こ…

「両利きの経営」

両利きの経営 作者:オライリー,チャールズ・A.,タッシュマン,マイケル・L. 発売日: 2019/02/15 メディア: 単行本 参加しているビジネス書読書会の、3月の課題図書に指定されていたので、通読しました。中身が濃くて、結構、読むのに骨が折れましたが、何とか…

「街道をゆく21 神戸・横浜散歩、芸備の道」

街道をゆく 21 神戸・横浜散歩、芸備の道 (朝日文庫) 作者:司馬 遼太郎 発売日: 2009/01/09 メディア: 文庫 私の父方の祖母の実家が、この本でも取り上げられている三次(みよし)で、広島県中部にある中核都市なのですが、もう20年以上行ったことがなく、読…

「キツネ目 グリコ森永事件全真相」

キツネ目 グリコ森永事件全真相 作者:岩瀬 達哉 発売日: 2021/03/11 メディア: 単行本 出たばかりの本ですが、前々からグリコ森永事件には興味を持ち、何冊か関連本を読んでいたこともあり、読書予定の本をすっ飛ばして、先にこれを通読しました。 時系列的…