元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

アマゾンやグーグルで競合店を中傷する口コミ横行

アマゾンやグーグルで競合店を中傷する口コミ横行(日経ビジネス) - Yahoo!ニュース

それは評判をおとしめるために競合相手が仕掛けた「逆やらせレビュー」かもしれない。ネット社会の闇では、醜い足の引っ張り合いが繰り広げられている。

インターネット自体が、元々、意識が高い良質な人々による利用を想定されていて、「性善説」に立ったものという性質を持っている上、インターネット的な民主主義、平等主義という気風を持っていて、レビュー等は、皆、平等に書き込めるという仕様になりがちです。

しかし、実態は記事にあるような有様であり、上記のようなものは、今や幻想にしか過ぎないと言っても過言ではないでしょう。

レビュー等で、本人確認を経た利用者によるものを、それと表示して掲載するとか、いい加減なものを排除するシステムを構築していかないと、昔からよく言われるように、「無法地帯」化して、誰にとってもハッピーではない性格がますます強まってしまうでしょう。

 

「麒麟がくる」門脇麦“タイトル回収”大役「なかなかない」視聴者目線・駒役に気概「物語のもう1本の柱」

「麒麟がくる」門脇麦“タイトル回収”大役「なかなかない」視聴者目線・駒役に気概「物語のもう1本の柱」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

第1話の終盤、駒は光秀に身の上を打ち明けた。「私、親が戦の巻きぞいで死んでしまって、火事で。私も火事の中で親と死ぬところを助けられたんです。3つの時です。まだ何も分からなくて」と切り出した。
「でも、助け出してくれた人の大きな手だけは覚えているんです。熱くて、もう駄目だと思っていたのに、その大きな手が私を抱き上げてくれて、火の外へ連れて行って『もう大丈夫だ』って。私、ずっと泣いていたんです。戦が怖い、戦が怖いって。そうしたら、その大きな手の人がこう言って慰めてくれたんです。『いつか戦は終わる。戦のない世の中になる。そういう世を作れる人がきっと出てくる。その人は麒麟を連れてくるんだ。麒麟というのは、穏やかな国にやってくる不思議な生き物だよ』って。『それを呼べる人が必ず現れる。麒麟がくる世の中を。だから、もう少しの辛抱だ』」

 このシーンはとても良かったですね。

中世、戦国というのは、庶民にとって苦難の時代であり、戦乱の中、家や田畑を焼かれ、逃げまどい、時には奴隷として売られ家族も四散するということが、日常的に起きていました。その時代を描く大河ドラマでは、英雄的な武将の視点で描かれがちでしたが、こういった「庶民」視点も交えて複眼的に描くことで、作品の深みが増すのではないかと思います。

戦乱の中、天下泰平を願っていた無名の膨大な庶民。その思い、願いは、今の世にも通じるものがあるでしょう。今の日本で麒麟を連れてくるのは誰なのでしょうか。

 

 

Apple、3月に新型廉価版iPhoneを発表する見通し

Apple、3月に新型廉価版iPhoneを発表する見通し - ITmedia NEWS

4.7インチ液晶ディスプレイやTouch IDを採用したiPhone 8に似た製品となり、A13 Bionicチップを搭載していると話しているそうだ。

 従前、「iPhoneSE2」と噂されてきたものになると思いますが、SEファンは、SEのサイズ感を期待していた人が多いのではないかと思います。しかし、どうも、こういった情報によると、サイズはiPhone8と同様になって、SEよりは大きくなるようです。ここは、人により歓迎、失望が分かれるところでしょう。

私自身も、SEのコンパクトさは好きですが、こうして大型化するのも時代の流れかな、という気もしています。iPhone8では型落ち感が出てしまいますが、新たなラインナップで、廉価で買いやすいiPhoneとして登場、ということでしょう。発売が楽しみです。

 

「モバイルPASMO」がやっと登場!モバイルSuicaから遅れた理由

「モバイルPASMO」がやっと登場!モバイルSuicaから遅れた理由 | Asagei Biz-アサ芸ビズ

モバイルPASMOは以前から登場が待ち望まれていた。スマホ対応のモバイルSuicaは11年にアンドロイド版が登場。16年にはiPhoneにも対応。だが、モバイルPASMOは一向に登場しなかったため、利用者から「なぜ出ないのか」「出すつもりがないのか」という厳しい声が上がっていた。

1つのスマホモバイルSuicaとモバイルPASMOがインストールされていた場合、自動改札はどちらを使用したらいいのか判断できないため、モバイルSuicaしか出さないとされてきた。いわば、SuicaPASMOの両方を定期入れに入れた状態で自動改札を通ろうとするようなものだからだ。だが、やっとモバイルPASMOをリリースするということは、その問題はクリアになったということだろう。

 SuicaPASMO、どちらかを優先してエクスプレス指定できる仕組みが導入されるのでしょう。

私も、以前はPASMOも使っていたのですが、モバイルSuicaを使っていて、PASMOは使わなくなっていました。手持ちのPASMOカードをAndroidスマートフォンに組み入れて使え、PASMOPASMOとしてあれば便利なので、こうしてモバイルで使えるようになるのは大歓迎です。

記事にもあるように、当初はiPhoneに非対応でのスタートで、これだけiPhone利用者が多い現状ですから、速やかにiPhoneにも対応することが望まれるでしょう。

 

『限界』から『消滅』集落へ 高齢化・人口減の厳しい現実「成り行きに任せるしか」「出たくない」地元の声

『限界』から『消滅』集落へ 高齢化・人口減の厳しい現実「成り行きに任せるしか」「出たくない」地元の声(MBSニュース) - Yahoo!ニュース

山の途中に開かれた土地にかつて存在していた「双子布集落」。ぽつぽつと住居は存在しますが、誰も住んでいません。双子布集落には、ともに80歳を超える2人の女性が最後まで暮らしていたといいますが、1人は亡くなり、もう1人は転居。2014年に消滅集落となりました。

 この集落が「あった」徳島県に、私は、平成2年から平成5年まで、徳島地検に勤務していた関係で住んでいました。事件の関係で、平家の落人伝説が残る地域へ行ったりしたこともあり、山深いところに、結構、人が住んでいるののだなという印象を抱いた記憶が蘇ります。

しかし、そういうところでは仕事も限られ、ちょっとすぐそこのコンビニへ買い物に行くという環境でもなく、遊ぶ場所も内では、若者は都会へ出てしまい、限界集落になり、こうして遂には消滅という道をたどるのは必然でしょう。

そして、こうした集落は日本全国で、今後、次々と出てくることは確実です。

世の流れと割り切るには、あまりにも寂しいものがあり、維持できるものを維持するにはどうすれば良いか、今後も真剣に考えていくべき問題でしょう。

 

大津園児死傷 地裁、被告の保釈取り消し 論告求刑やり直しの見通し

大津園児死傷 地裁、被告の保釈取り消し 論告求刑やり直しの見通し(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

被告は19年12月の公判後に保釈されたが、判決の言い渡しが予定されていた1月16日の公判で突如、起訴内容を争う姿勢を示し、言い渡しが延期されていた。検察側は禁錮5年6月を求刑していたが、論告求刑はやり直される見通し。今後の公判の日程は未定。

 刑事訴訟法では、第96条1項で、裁判所は、左の各号の一にあたる場合には、検察官の請求により、又は職権で、決定を以て保釈又は勾留の執行停止を取り消すことができる。」として、取消事由として、

一 被告人が、召喚を受け正当な理由がなく出頭しないとき。
二 被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
三 被告人が罪証を隠滅し又は罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
四 被告人が、被害者その他事件の審判に必要な知識を有すると認められる者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え若しくは加えようとし、又はこれらの者を畏怖させる行為をしたとき。
五 被告人が住居の制限その他裁判所の定めた条件に違反したとき。

と定めています。

「公判で認めていたのが急に否認した時」というのは取消事由ではないので、法定事由のうち、何らかの事情が具体的にあったものと推測されますが、記事を読む限りよくわかりません。

改めて見てみると、「逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき」「罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき」も取消事由で、相当な理由とはいえ、そういった疑いがあっても取り消されるわけですから、保釈された被告人の立場はかなり不安定で危ういものということができるでしょう。