元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

アルコールやギャンブルなどの依存症と同様、「性」を過度に求め、やめたくてもやめられない状態に陥る性依存症。性犯罪を起こしたり健康や社会生活に破綻を来したりする場合も多い。だが周囲からは嗜好(しこう)や性格の問題とされがちで、相談先も少ない。一方で彼らを救おうとする取り組みは民間でも進んでいる。

私がかつて弁護士した被疑者でも、妻子がいつつ、電車内でのわいせつ行為を繰り返していた人がいて、そのような行いについて説明もできず、おそらく性依存症だったのではないかと振り返って感じます。そういう人に対しては、刑罰よりもむしろ、適切な治療こそ必要であり、そうすることで再犯防止へつながるでしょう。

処遇の個別化というのは刑事政策で昔から言われてきた目標ですが、治療により再犯を防止できる見込みがある人に対しては治療を優先して行う体制づくりが、今後ますます求められると思いますし、そういう施策に対する国民の理解を深めていくことも必要でしょう。

 

2021年にミリ波をサポートした5G対応のハイエンドiPad Proが登場か

2021年にミリ波をサポートした5G対応のハイエンドiPad Proが登場か - iPhone Mania

ミリ波の5Gは、サブ6GHzの5Gと比較して使用範囲は限られますが、短距離での非常に高速な通信が可能となります。iPhone12モデルのミリ波のサポートは米国内のみとなっていますが、来年のiPhoneシリーズでは同技術がより多くの国や地域で展開されるのではないかと期待されています。

 来年以降、5Gのエリアは大きく広がっていくでしょうし、ミリ波も徐々にエリアが広がるでしょう。Appleとしては、そういった動きを見つつ、日本でのミリ波対応モデルを発売していこうとしているのではないかと推測されます。

いくら機器が先進的でも、電波が来ていなければ意味がありません。

私は、2018年にiPad Pro11インチを導入し、現在、バリバリと毎日使っていますが、来年になれば使い始めて3年で、そろそろ買い替え時かなと考えています。現行のものはwifiモデルにしたのですが、5G、ミリ波対応になるのであればセルラーモデルにしてう良いかな、とも思います。

今後も引き続き情報収集しながら、うまく買い替えたいところです。

忘年会キャンセルに悲鳴 都時短要請、客足に影響必至 外食産業

忘年会キャンセルに悲鳴 都時短要請、客足に影響必至 外食産業(時事通信) - Yahoo!ニュース

首都圏などで居酒屋を展開する外食チェーンでは、忘年会予約の相当数がキャンセルとなった。同社は「例年なら書き入れ時だが、時短要請が追い打ちとなり、今後忘年会の客が増えるとは思えない」と肩を落とす。企業の大規模な宴会の需要は消失。少人数客に望みをつなぐ飲食店が多く、時短要請にどの程度応じるかは不透明だ。

私は友達がいないので、例年、忘年会にはほとんど出ないのですが、今年は、周囲から忘年会という言葉や話題自体が出てこない、特異な状況になっています。コロナ新規感染者が右肩上がり状態という厳しい状況ですから、集まって飲みましょう、と言い出しにくく、そうするリスクを考えると慎重にならざるを得ないというのが多くの人々の考え方でしょう。

一定の間隔をあけて座り、しゃべるのも抑制しつつ、とか、方法としてはそうなるしかないと思いますが、そうまでして忘年会をやって楽しいか、という問題にもなってきそうであり、悩ましいものがあります。

店も客も、どうすべきか、試行錯誤の年末になるでしょう。 

EV購入者に最大80万円の補助金支給へ…現行の2倍、再エネ電力への変更が条件

EV購入者に最大80万円の補助金支給へ…現行の2倍、再エネ電力への変更が条件(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

EV購入者へは現在、最大40万円の補助が支給されているが、最大100万円前後の欧州と比べ少なく、普及が進まない要因と指摘されてきた。新制度では、電気契約を二酸化炭素(CO2)が排出される石炭などの化石燃料で発電された電力から、太陽光や風力といった再エネによる電力に変更することを条件とする。再エネ由来の電気でEVに充電することで、CO2排出を抑制するのが狙いだ。

環境省によると、再エネ電力の電気代は、一般家庭で通常の化石燃料由来の電力と同程度か、最大で2~3割高い。

 意識だけでなく、所得もある程度高い人でないと手が出せないでしょうね。

それはともかく、私も前々からEVには興味を持っているのですが、なにせまだまだフル充電での走行距離が500キロ程度で、充電できる場所が増えているとはいえガソリンに比べるとまだまだ少なく、バッテリー切れが怖くて、電気だけで走る車には手が出しにくいものがあります。

EVがあれば、災害で停電時にも電気が使えるメリットがあり、今後も興味、関心を持ちつつ見ていきたいと思っているのですが、バッテリーの強化が大きな課題でしょう。

 

東京地検特捜部の意図は?読売・NHKは情報を掴んでいた? 「桜を見る会」で安倍前総理の秘書ら事情聴取

東京地検特捜部の意図は?読売・NHKは情報を掴んでいた? 「桜を見る会」で安倍前総理の秘書ら事情聴取 【ABEMA TIMES】

元検事の落合洋司弁護士は「事件の捜査というのは手探りで進めていくもの。初めから明確に分かっていれば起訴してしまえばいい。今回も、いきなり身柄を取ってしまうのは無理なので、まずは関係者の人たちに任意で来てもらうということ。中には1回や2回で終わる人もいれば、任意であっても必要があれば何十回と呼ばれる人もいる。例えば広島の選挙違反事件でも、人によっては60回、70回と呼ばれている。素直に喋るか頑張って喋らないかにもよるが、できるだけ任意で調べていくのが捜査の常套だ。安倍前総理についても、あれだけのことを数年間にわたってやっているわけだから、常識的に考えて何も知らないとは言いにくい。やはり“どういうことですか”と聞かれる可能性が高いのではないか」と話す。

 23日に、アベマテレビから連絡があり夜に生出演してくれと依頼され、六本木のスタジオへ行って、私の感じていることを話しました。

私自身、前々から、この件の本質は、安倍事務所側がホテルを利用して、有権者に普通ではあり得ない格安の料金で飲食させ、払わずに済んだ分を「寄付」(公選法政治資金規正法で禁止されている)したことだろうと見ていて、事件としては、情を知らない、あるいは安倍事務所側と共謀したホテルも関与した事件という構図だろうと見てきました。

ホテルが取りっぱぐれた分を安倍事務所側が補填していたようですが、そういった政治資金の支出が収支報告書に記載されていなければ、「不記載」として違法であり処罰対象になってきます。

ただ、寄付と言っても1人当たり数千円程度で、本格的に公判請求するような金額に達するには、飲食した「足」の人々を相当数、捜査対象とする必要が出てくるでしょうし、膨大な労力が発生するでしょう。収支報告書の不記載も、数百万円程度で公判請求までするかとなると、そこまではしていないのが従前の処理例ではないかと思います。

敢えて見立てれば、不起訴か、安倍事務所の秘書か誰かが罰金を払って終わり、といった「小さくまとめる」落とし所がありそうな気はするのですが、報道を見ていると、特捜部が結構大掛かりで本気になって動いているようでもあり、単純に、そう割り切れないものも感じます。

背景には、黒川問題で追い落とされかけた現検事総長や、本来、政界捜査がメインである特捜部の意気込み、やる気といったものもありそうであり、捜査の行方について、軽々に即断するのは、現時点では難しいように思います。

 

コロナ禍で荒む人心 ベテラン電話相談員、罵られても努めて保つ「心の平衡」

コロナ禍で荒む人心 ベテラン電話相談員、罵られても努めて保つ「心の平衡」(NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース

電話口で罵られるケースも増え、心が折れそうになることも少なくないが、それでもなお寄り添おうとする電話相談員の胸の内とは――。

 こういう仕事をしている人は大変だろうな、でもこういう人がいることで助かる人もいるのだろうなと、しみじみと記事を読みました。

世の中が好調に回っていれば、辛く苦しいことが耐えられても、そういう回り方をしなくなることで、耐えられない人が必然的に増えるでしょう。そういう負の流れに対するセーフティーネットが重要であると思いますし、相談できるところというのも、そういうセーフティネットの一環なのだろうと思います。

今の閉塞感が打破され明るい気持ちで皆が生きられるようになるのはいつでしょうか。