元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

“発祥の地”でも激減 超高齢化社会なのに老人クラブが細るわけ

“発祥の地”でも激減 超高齢化社会なのに老人クラブが細るわけ(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

高知県立大の田中きよむ教授(地域福祉論)は「価値観が多様化し『自分はまだ若い』という人も多い。婦人会も含め伝統的な組織は現代のニーズに合わなくなっている。高齢者が積み重ねた経験と技術を生かして、防災や文化振興などで地域に貢献できる組織に転換するべきだ」と投げ掛けている。

そもそも「老人クラブ」という名称に抵抗感を持つ人が増えているのではないかと思います。また、インターネットが普及しSNSなどで気軽につながれる現状で、かつてほど老人クラブに入る必要性を感じない人が増えていることも推測されます。リアルな集まりに入れば、人間関係など何かと面倒なことも起きてきますが、ネットのつながりながら、面倒になれば切ってしまえば終わりですから、そういう気楽さも好まれている可能性もあるでしょう。

ただ、防災とか緊急時の相互扶助といった面では、リアルなつながりにも大きなメリットがあり、今後は、リアルとノンリアルを組み合わせた、新しいスタイルに変えていくべきではないかと感じます。

コロナで長時間労働、改善訴え 埼玉の保健所職員、実名で会見

コロナで長時間労働、改善訴え 埼玉の保健所職員、実名で会見(共同通信) - Yahoo!ニュース

自宅療養者の入院調整や健康観察に追われ「2日間で2時間しか寝ていない」「体調を崩すまで休めない」という状況も生じている。

アメリカで、ワクチン接種会場で働く人々に、新型コロナウイルスで職を失った人々を雇用して充てているという報道を見たことが思い出されました。

日本でも、そういった方法をとることで、上記のような事態を生じないようにし、また、失職した人々の救済も図れるでしょう。

そういう方策がとれない一方で、補助金、給付金支給手続の間に入って中抜きするコンサル、ブローカーは横行し、貴重な公費が食い物にされています。

平和ボケして頭が硬直化してしまったのか、緊急時に、機転を利かせて動けない弊害が日本中で露呈しているように感じます。新型コロナウイルスは、そういう日本の宿痾的なものも露呈させていると言えるでしょう。

大津女児暴行死 兄を逆送せず少年院送致 母の育児放棄を考慮

大津女児暴行死 兄を逆送せず少年院送致 母の育児放棄を考慮(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

少年は母親と妹の3人暮らし。決定によると、母親は7月ごろから家に帰らない日が増え、妹が亡くなるまでの7日間も不在だった。児童相談所なども、少年や妹がネグレクト(育児放棄)状態に置かれていると認識しながら、一時保護などの措置を取らなかった。  

少年法は16歳以上の少年が故意に被害者を死亡させた事件について原則、検察官送致(逆送)するよう定めている。横井裁判官は「妹と2人だけで過ごし、頼れる人もいないまま過大なストレスを感じていた」と言及し、「少年が罪を償い、真に更生するためには刑事処分ではなく、保護処分を受けさせることが適切」と指摘した。

少年院は少年の改善・更生を図る機能が高い一方、刑務所は、服役により罪を償う場でありつつ改善・更生も目指すもので、特に可塑性のある少年にとって、前者に身を置くメリットは大なるものがあります。

世の風潮は、少年にも厳罰という流れになりがちですが、刑務所で服役しても、いずれは社会に戻ってくるものであり、危険な状態が是正されなければ、再び社会に対して害を為すことになりかねません。そうならないように、再犯にはしならないようにすることも、施設処遇の重要な機能です。

少年事件は、その可塑性に十分に思いを致した改善・更生の重視と、成長度に応じた処罰の必要性の適度なバランスの中で見ていく必要があると思います。

その意味で、上記のケースは、1つの参考になるものではあるでしょう。

ネット中傷を抑止、侮辱罪厳罰化で懲役刑導入の刑法改正を諮問…テラスハウス事件が契機

ネット中傷を抑止、侮辱罪厳罰化で懲役刑導入の刑法改正を諮問…テラスハウス事件が契機(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

侮辱罪は、公然と人を侮辱した行為に適用される。明治時代からある規定で、元々は悪口を人前で言ったり、家にはり紙をしたりする行為が想定されていたが、ネットの投稿も対象になる。

侮辱は、刑事、民事を通じて、事実摘示による社会的評価低下に至らない、名誉感情を侵害するものという位置付けですが、批判、非難を厳しく行う中で侮辱的な言辞に至ることもあり、違法性が微妙な発言でありつつ、表現の自由の保護の対象として見るべきものもあります(典型的なのは政治家に対する発言でしょう)。

それが、民事はともかく刑事で懲役刑の対象になれば、表現の萎縮を招くことにもなりかねませんし、政治家への批判、非難が侮辱罪として弾圧の対象になる、といった事態も起き得ます。警察権力というのものが政治の侍女化しがちな現状では、杞憂とは言えないでしょう。

今後の法制審議会のおける検討では、単に厳罰化というだけでなく、処罰濫用を防止する方策も検討される必要があると思います。

「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」

 

 参加している読書会の課題図書になっていて、通読しました。著者は今や話題の人ですが、著書を読んだことはなく興味、関心があったので、良い機会になりました。

AIが人類を支配するのではないかという危惧が、最近、よく語られますが、著者は、あくまで人間を保管する役割で活用すべきであり、それは可能であると述べます。また、ITを、代表制の中で形骸化しがちな民主主義を実質化するために大いに活用すべきであるとして、台湾における実践例を紹介していきます。利権の塊のような大臣を担いで、やっと「デジタル庁」を立ち上げた日本では日暮れて道通しの感のある話が続きますが、我々は、諦めずに進まなければならないのでしょう。

今後の、ITやAIを駆使したあるべき社会を考える上で、示唆に富む、読みやすい一冊だと感じました。

 

「沖縄決戦ー高級参謀の手記」

yjochi.hatenadiary.com

ずっと読み進めていたのですが、細かい戦況の話が延々と続き、地理がわからないのでGoogle マップで引いてみたりしながら読んでいるうちに、結構、時間がかかり、最近、やっと読み終えました。骨は折れましたが、沖縄戦への理解がより深まり、通読して良かったと感じています。

第32軍高級参謀であった著者は、米軍の圧倒的な戦力をよく理解し、「戦略持久」により本土決戦までの時間を稼ぐ方針を立てて、戦略戦術を組み立てます。しかし、大本営や上位の方面軍からは積極的攻勢に出ることを求められ、

yjochi.hatenadiary.com

連合艦隊作戦参謀であった三上氏が語るように海軍とも方針に齟齬があり、一時は動揺した第32軍司令官、参謀長から攻勢に出ることを命じられ、やむなく方針を転換しますが、大損害を被り再び持久へと転換します。

そういった経緯は、

 

でも取り上げられているところであり、じっくりと読むことで、著者の意図していたところはよくわかりました。

本書の所々で、沖縄県民や行政関係者(沖縄県知事、警察部長ら)の話が出てきますが、第32軍が、民間人について全く考慮していなかったわけではないものの(沖縄戦前は北部への民間人避難措置が講じられていたことが紹介されています)、沖縄戦開始後は、「早く逃げなさい」程度の関心しかなく、沖縄県全体が戦場になることで膨大な民間人の犠牲が出ることも、やむを得ない、程度しか考えていなかったことも本書を読むとよくわかります。現在の日本においても、核攻撃、ミサイル攻撃等で、日本本土が甚大な戦災を被る現実的な危険性がありますが、全く他人事ではないということを強く感じました。

沖縄戦を振り返り考える上で、通読できて良かったと感じています。