元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「史伝北条政子:鎌倉幕府を導いた尼将軍」

 

同じ著者の

が先に出ていたので読もうとしていたところ、「史伝北条政子」が出て、こちらが読みやすそうだったので、先に読みました。

新書ということもあり、難しくなりすぎないように工夫された叙述で、著者の見方、解釈も随所に提示されていて、北条政子を軸にしてその死までの鎌倉幕府の歩みを一通り辿ることができました。

大河ドラマの関係で、関連本が相当数出ていますが、人物を軸にしたほうが読みやすく、本書は、主要な出来事を一通り拾いながら書かれているので、何かをまず読みたい人は、これを読むとわかりやすいかもしれません。

今後、上記の「史伝北条義時」も読む予定です。

DMMの「Mastercard取引停止」で考える“カード決済の裏” クレカの扱いがなくなる複数の理由

DMMの「Mastercard取引停止」で考える“カード決済の裏” クレカの扱いがなくなる複数の理由(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

カード決済は便利だが、同時に特定ブランドへの依存は利用者にとってもリスクとなる可能性がある。「便利なインフラは業界同士の切磋琢磨の上で成り立っている」ことを念頭に置きつつ「つねに代替手段は考えておく」ことも重要だろう。

いずれにせよ、カード取引というのは恒久的なものではなく、日々の交渉の中で変化していくものと考えるのが正しい。われわれが便利にカードを利用する裏で、担当者同士の綱引きがつねに行われていることは認識しておくべきだ。

私が現在、メインで使っているのはVISAで、決済で使おうとして使えないことはまずないですが、以前、別ブランドのカードをメインで使っていた際は、使おうとしたら使えないということも時々あって、不便な思いをしたことがありました。現在もVISA以外のカードを一応は持っているので、メインが何らかの事情で使えない場合はサブのカードを使えるようにはしています。

ネット経由での不正利用が多いせいだと思いますが、カード会社によっては、ネット経由で不正利用されやすいジャンル(ハイブランドとか)について、利用者本人ですら使えないくらいにセキュリティを強化していることもあるようです。利用者本人ですら使えないというのは、究極の安全対策ではありますが、利便性という点では問題があり、なかなか難しいものではあります。

あまりあれこれクレジットカードを持つのもどうかと思いますが、抑制的に、複数の別ブランドのカードを使えるようにしておくのが無難ではありますね。

国家公務員、ボーナス増 3年ぶり、0.1カ月以上 月給アップは若手のみ検討・人事院

国家公務員、ボーナス増 3年ぶり、0.1カ月以上 月給アップは若手のみ検討・人事院(時事通信) - Yahoo!ニュース

人事院は毎年、企業の月給やボーナスの支給状況を調査。官民で格差が生じる場合、公務員を民間水準に合わせるよう勧告している。ボーナスに関しては、0.05カ月単位で改定を勧告。21年は0.15カ月の引き下げを求め、支給実績は年4.3カ月となった。

民間では、ジョブ型雇用の積極的な推進が議論されていますが、公務員について、終身雇用でメンバーシップ型をいつまでも続けて良いのだろうかという問題意識、そういった問題意識に基づく改革が必要でしょう。

単に民間の平均的な数値に基づいて上げ下げしていたのでは、優秀な人材には逃げられてしまうでしょうし、高い能力を提供していたり、かなりハードに働かざるを得ない人々に対しては、それにきちんと報いていかないと、優秀な人ほど民間へと逃げてしまいます。

中堅以上のポストについては、必要なスキルや給与を明示して公募し、任期制にする、といったことも行なっていくべきです。

そういった公務員人事制度、給与制度の改革をやっていかないと、国家をリードする優秀な人材が確保できなくなってしまいます。憂慮すべきことだと思います。

関電・八木、森氏ら3人「起訴相当」 検察審査会議決 金品受領問題

関電・八木、森氏ら3人「起訴相当」 検察審査会議決 金品受領問題(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

東日本大震災後の業績悪化で減額した役員報酬の一部について、八木、森両氏が主導して元役員18人に嘱託報酬の名目で総額約2億6000万円を補塡(ほてん)していたことも判明した。

この点を特別背任で起訴相当という議決が出たようですが、「嘱託」の実態があるかどうか、仮にあるとして、その実態に即した報酬であったかどうかが問題になるように思います。

全く何もやっていなくて、完全に名目だけ、仮装、といったことであれば論外ですが、一定の稼働実態があった場合に、直ちに会社に損害があり背任と言えるかどうか、世の中には、大したこともやっていないのに顧問、嘱託として報酬をもらっている人は少なくありませんから、刑事罰に問えるものかどうか、微妙さはあるように感じられます。

今後の再捜査結果、再び不起訴になった場合の強制起訴への流れに、引き続き注目する必要があるでしょう。

今売れてるスマートフォンTOP10、「iPhone 13 Pro」が初めてTOP10圏外へ 2022/7/31

今売れてるスマートフォンTOP10、「iPhone 13 Pro」が初めてTOP10圏外へ 2022/7/31(BCN) - Yahoo!ニュース

アップル「iPhone SE(3rd)」が4週連続の首位だった。2位は「iPhone 12」、3位は「iPhone 13」と、iPhoneシリーズの価格改定後もTOP3の顔ぶれに変化はなかった。一方、先週6位だった「iPhone 13 Pro」は12位に後退。21年9月の発売以来、初めてTOP10入りを逃した。

私は現在、iPhone13Proを使用していて、その性能の高さには満足していますが、iPhone、特にProモデルは価格が高すぎますね。円安の影響で7月に大幅値上げされて、より買い求めにくくなりました。

iPhoneSEは、コンパクトで使いやすく機能も日常使いには十分なので、今後もこういった人気は続くでしょう。iPhoneにとって、今後の課題は価格の高さによる買い求めにくさになっていくように思います。

日本でも、徐々にAndroidのシェアが広がっていくかもしれません。

アップル創業まで何があったのか ジョブズという稀有な起業家の軌跡

アップル創業まで何があったのか ジョブズという稀有な起業家の軌跡(日経ビジネス) - Yahoo!ニュース

養父ポール・ラインホルド・ジョブズと母クララ・ハゴピアン・ジョブズの元で彼は育つことになった。  

両親は、高度な教育を受けたタイプでも会社経営者でもなかった。だが、ポールは車の修理技能を持ち、それをなりわいにしていた実直な人物だった。エンジニアリングの何たるかを身をもってジョブズに伝え、それは彼のDNAに刻み込まれた。

スティーブ・ジョブズが優れた資質を持ち、努力で成功へと人生を切り開いていったことは異論の余地がありませんが、養子にして慈しみ育ててくれた養父、養母の存在は非常に大きいと思います。ああいう難しい子供を育てるのは大変だったと思いますし、おそらく、心が広く、器の大きな人たちだったのでしょう。そういう養父母に出会えたスティーブ・ジョブズは幸運でした。

日本では血の繋がりを重視する傾向がありますが、こうした養親子関係の形成により、スティーブ・ジョブズのような傑出した人物が大きく飛躍できたことは、積極的な利点として考えさせられるものがあります。