元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

観光業界、「存亡の機」 需要回復に遅れ 緊急事態宣言

観光業界、「存亡の機」 需要回復に遅れ 緊急事態宣言(時事通信) - Yahoo!ニュース

春の観光需要に与える影響も懸念されている。ある旅行関係者は「宣言延長で春休みの旅行計画を立てにくくなる」と気をもむ。

新型コロナへの対策は必要ですが、閉じこもっているわけにもいかず、感染防止に配慮しながら、行くべきところ、行きたいところには行って、観光業界のために適度にお金を落としてあげることも必要でしょう。

私は、今月の春のお彼岸に、昔お世話になった人のお墓参りに関西に行きますし、来月には、四国でちょっと見に行きたいところがあるので行く予定にしています。単独行動で、できるだけ人の集まるところには行かずに済ませる予定です。 

こういう状況だからこそ、打って出るべきところには出るという積極性も必要な気がします。

「公安調査庁 情報コミュニティーの新たな地殻変動」

 

 公安調査庁と言っても、ほとんどの人は何をしているのかわからず、多少知識がある人でも、破壊活動防止法に基づき対象団体の調査等を行っているところ、程度の印象しかないのが普通でしょう。最近は、オウム真理教やその後継団体の関係で取り上げられることが多く、そういうイメージの人も少なくないかもしれません。

私自身、公安調査庁で勤務したことはないのですが、冷戦が終わりリストラ寸前だったのがオウム真理教の関係で多少息を吹き返した程度の印象しかなかったのが、この本を読んで、現代の日本にマッチした情報機関としてその存在感を増しつつあることを知り、目から鱗が落ちる思いがしました。

アメリカのように情報機関による活動が活発な国でも、9.11テロを阻止できなかったように、民主主義体制を破壊しようとする人、組織、企てを阻止するためには適切な機関による活動が欠かせません。そこが不十分であると指摘されてきた日本で、公安調査庁が果たすべき役割には大きなものがあるでしょう。

本書の中でも指摘されていましたが、そういった活動には、常に、暴走や人権侵害の危険性が伴うものであり、今後は、国会による実効性のある監視体制もきちんと確立していくことが不可避であるということも強く感じました。

 

「スマホ脳」

 

スマホ脳(新潮新書)

スマホ脳(新潮新書)

 

 かなり売れているようですが、おもしろそうなのでKindleで落として読んでみました。

こうした脳科学については、全くの素人なので、書いてあることが正しいとも正しくないとも、何とも言えないのですが、人間が太古の昔から狩猟採集生活を続ける中で、獲物を仕留めた利、外敵から身を守ったり、仲間内の紛争を勝ち抜いたりするために脳が最適化され、そういう特性が今なお脳を形作っている、という主張には、わかりやすく共感を覚えるものがありました。そういった脳の特性に、スマートフォンタブレットを使うことがマッチしていない、というのも、なんとなく、そうなのかなー、と思わせるものがあり、そういう説得力がこの本の売れ行きにつながっているのかもしれません。

確かにそうかも、と思ったのは、子供が、文字を紙に書くことで、手を使って認識して知識化する、デジタルのペン書きでは、そういう効果が出ない、といったことで、自分自身、昔、漢字や英単語を手で描いて覚えていた記憶があって、そういう体験からも、物事によってはペーパーレス化も考えものではないかと感じるものがありました。

統計的に、スマートフォンタブレットの使用時間が長すぎると、心身の不調につながりやすいことは事実のようであり、適度に運動したりそれ以外のことをしたりしながら、程々に使うことの必要性を感じました。

すべて鵜呑みにするのもどうかと思いますが、なかなか参考になることが書いてあり、スマートフォンタブレットの使用がますます頻繁になるであろう現代において、読むべき一冊という印象を受けました。

NTTも総務省高額接待か 社長出席、日時や金額は調査中

NTTも総務省高額接待か 社長出席、日時や金額は調査中(共同通信) - Yahoo!ニュース

総務省も事実関係の調査を始めた。菅義偉首相の長男の菅正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」に端を発した接待問題は、国内最大手の通信事業者に飛び火。

 意見交換がしたければ、役所で勤務時間内に行うとか、その辺のカフェでコーヒーやクッキーでも買って持ち寄り会議室とかでやるとか、そういう方法で十分でしょうね。令和の時代にもなって、昭和を引きずり、高級なものを飲み食いしないと、と発想すること自体が、陳腐で愚かなことだと思います。

40代、50代になると、高級な高カロリーなものを食べたり酒を飲んだりすること自体、身体には悪いわけで、無駄な、身体にも悪いことをして、国民の疑念を招きと、二重にも三重にも愚かな行為でしょう。

そういう悪しきカルチャーを根絶して、そのために、利害関係者と飲食を共にしただけで懲役刑、罰金刑にするくらいの徹底した取り締まりが必要だと思います。

 

スーパーで万引き、取り押さえ図った女性警備員押し倒す…男を起訴

スーパーで万引き、取り押さえ図った女性警備員押し倒す…男を起訴(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

起訴状などでは、男は2月9日午後2時50分頃、同市内のスーパーで、チーズなど18点(販売価格計7711円)を盗み、その後、駐車場で取り押さえようとした60歳代の女性警備員を押し倒して軽傷を負わせた、とされる。

 これをそのまま犯罪構成要件に当てはめると事後強盗致傷罪になりますが、同罪は、改正前は法定刑が7年以上の懲役で、酌量減軽しても懲役3年6月にしかならず、執行猶予を付すことができませんでした(3年以下でないと付すことができない)。

改正後、6年以上の懲役になってギリギリ執行猶予を付すことができるようになりましたが、改正前は、即、実刑では重すぎる事案では、起訴時に窃盗と傷害に落として起訴することがありました。上記の記事を読んで、そのことを思い出しました。

かなり前に、国選弁護を割とよくやっていた当時、まだ改正前で、前科もない、普通の市民が、万引発覚に慌てて上記のような犯行に及んでしまい、事後強盗致傷罪で起訴されて実刑になっていたケースを複数、弁護したことがありました。あの人たちはその後、どうなったのだろうかと思うことがあります。

 

「昭和天皇独白録」

 

 出てからかなり経ちますが、拾い読み、流し読みはしていてもきっちり通読していなかったので、今更ながら最初から最後まで、きっちりと読みました。

この独白録の成立過程、性質については、その後に

 

 も出ていて(こちらも近日中に精読予定ですが)、東京裁判等も意識した対策の一環という見方が有力なようです。確かにそうかもしれませんが、きっちりと読んだ印象としては、昭和天皇ご自身、記憶を辿りつつ率直に語っていると感じましたし、客観的な事実関係と異なるところ(おそらく記憶違い)がそのままになっている点も、昭和天皇の語りのオリジナルを尊重しようとしたことが強く伺えるものだと思います。

「独白録」が明らかになった後に、側近の書き残したもの、日記なども出てきて、昭和天皇が語っていたことがさらに明らかになっていますが、これだけのボリュームのあるものは他にはなく、昭和天皇の語り残したものとして、依然として貴重な存在であり続けるように思われます。