元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

スーパーで万引き、取り押さえ図った女性警備員押し倒す…男を起訴

スーパーで万引き、取り押さえ図った女性警備員押し倒す…男を起訴(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

起訴状などでは、男は2月9日午後2時50分頃、同市内のスーパーで、チーズなど18点(販売価格計7711円)を盗み、その後、駐車場で取り押さえようとした60歳代の女性警備員を押し倒して軽傷を負わせた、とされる。

 これをそのまま犯罪構成要件に当てはめると事後強盗致傷罪になりますが、同罪は、改正前は法定刑が7年以上の懲役で、酌量減軽しても懲役3年6月にしかならず、執行猶予を付すことができませんでした(3年以下でないと付すことができない)。

改正後、6年以上の懲役になってギリギリ執行猶予を付すことができるようになりましたが、改正前は、即、実刑では重すぎる事案では、起訴時に窃盗と傷害に落として起訴することがありました。上記の記事を読んで、そのことを思い出しました。

かなり前に、国選弁護を割とよくやっていた当時、まだ改正前で、前科もない、普通の市民が、万引発覚に慌てて上記のような犯行に及んでしまい、事後強盗致傷罪で起訴されて実刑になっていたケースを複数、弁護したことがありました。あの人たちはその後、どうなったのだろうかと思うことがあります。

 

「昭和天皇独白録」

 

 出てからかなり経ちますが、拾い読み、流し読みはしていてもきっちり通読していなかったので、今更ながら最初から最後まで、きっちりと読みました。

この独白録の成立過程、性質については、その後に

 

 も出ていて(こちらも近日中に精読予定ですが)、東京裁判等も意識した対策の一環という見方が有力なようです。確かにそうかもしれませんが、きっちりと読んだ印象としては、昭和天皇ご自身、記憶を辿りつつ率直に語っていると感じましたし、客観的な事実関係と異なるところ(おそらく記憶違い)がそのままになっている点も、昭和天皇の語りのオリジナルを尊重しようとしたことが強く伺えるものだと思います。

「独白録」が明らかになった後に、側近の書き残したもの、日記なども出てきて、昭和天皇が語っていたことがさらに明らかになっていますが、これだけのボリュームのあるものは他にはなく、昭和天皇の語り残したものとして、依然として貴重な存在であり続けるように思われます。

 

 

 

 

 

 

 

ATMに入れたキャッシュカード出てこない客も…みずほ銀行の一部ATMで障害 客「帰るしかない…」

ATMに入れたキャッシュカード出てこない客も…みずほ銀行の一部ATMで障害 客「帰るしかない…」(東海テレビ) - Yahoo!ニュース

利用客の男性: 「画面に『取り扱いができません』と出てて、うんともすんともいわない。電話もつながらないし」

別の男性: 「すぐ直るのかなと思ったけど直らないから、もうこれは帰るしかないかなと」

 こういった不具合自体が問題であることは言うまでもありませんが、不具合が発生していることの周知が遅れ、知らない利用者が次々とトラブルに巻き込まれてしまったことや、銀行側の対応が遅く、右往左往する人が続出したことも大きな問題でしょう。別の報道では、他の銀行のATMを使えば現金が引き出せた、とのことであり、それがわかっていれば右往左往せずに済んだのに、という人も少なくなかったでしょう。

大銀行にとって、伝統的に、一般の個人客は「ゴミ」同然の存在でしかありませんが、やはり今でもそうなのだな、と感じさせるものがあります。

「長篠合戦 戦国史の転換点となった大激突」

 

 今年初めに

 

長篠合戦と武田勝頼 (敗者の日本史)

長篠合戦と武田勝頼 (敗者の日本史)

  • 作者:平山 優
  • 発売日: 2014/01/21
  • メディア: 単行本
 

 を通読し、これから、同じ著者の

 

検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

  • 作者:平山 優
  • 発売日: 2014/07/22
  • メディア: 単行本
 

 を読もうとしているところで、手元に、上記の「長篠合戦」があったので、この際にと思い通読してみました。

ビジュアルを多用しており、付録のDVDでは合戦の流れをアニメーションでたどっていて、文字だけではわかりにくい合戦の実態が立体的に理解でき、この時点で読んで当たり感がありました。

「検証長篠合戦かっこも頑張って読みたいと思います。

 

「バブルの肖像」

 

バブルの肖像

バブルの肖像

  • 作者:都築 響一
  • 発売日: 2006/08/09
  • メディア: 単行本
 

 週刊朝日に連載されたものをまとめて刊行されたもので、出てから結構な時間が経過しているのですが、蔵書を整理していたところ出てきて、最近の株や不動産のバブル化もあって興味を感じ、通読してみました。

昭和の終わりから平成初めにかけての、バブル華やかなりし頃の様々な、象徴的なものが取り上げられていて、ああ、ああいうことがあったな、とか、こういう人がいたな、などと懐かしく振り返りながら読めました。そういう読み方ができる私自身、昭和を引きずった古い日本人になっていることも感じるものがありました。

日本の負の歴史を感じた一冊でした。

「アンネ・フランクの家 物語のある博物館」

bookmeter.com

5年ほど前にオランダ・アムステルダムへ行った際、アンネ・フランクが隠れ住んでいた家を見学し、そこで、ガイドブックの日本語版を購入しました。パラパラと流し読んだ程度でいたのですが、最近になって、

 

 

 

 を読んだので、この際にガイドブックも読んでおこうと思い通読しました。

これが、予想以上によく出来ていて充実しており、隠れ家内に当時を再現した家具等を運び入れて撮影した際の画像を豊富に紹介しつつ、また、アンネ・フランクの日記を適宜引用しつつ、とてもわかりやすく解説されていて、参考になりました。

日本の書店ルートでは入手できないようですが、アムステルダムへ行った際とか、行く人に依頼して入手して読むと、アンネ・フランクや一緒に隠れ住んでいた人々、協力者の活動、実態への理解が、より進むと思います。