刑事事件の分野を中心に活動する元検事の弁護士です

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

Appleがまさかの“3日連続”新モデル発表 25日のイベントはどうなる?

Appleがまさかの“3日連続”新モデル発表 25日のイベントはどうなる? - ITmedia PC USER

今回は意外な展開になりました。

前週の18日に「iPad Air」と「iPad mini」、19日に「iMac」、そして20日に「AirPods」を発表したのです。25日のイベントで出してくるとうわさされていた主なハードウェアを3夜連続でさっさと発表してしまうなんて、どういうつもりなんでしょうか。

 ハード面では、噂されていたののが先に出尽くした感があり、嬉しくもあり拍子抜けもし、という感じでしょうか。

Appleとしても、かつてのように、どよめきが起きるようなアメージングな新製品を次々と打ち出すのが困難になっており、ハードよりもサービスでしっかり稼ぐという方向へシフトしようとしているのかもしれません。

ハードについては、マイナーチェンジであれば早々と発売し、サクッと買えるようにして、余計な手間はかけないと割り切るようにしたのかもしれません。

従来は、端末のスペックが重視され、ハイスペックがもてはやされがちでしたが、そこが頭打ちになりつつある今、発表の在り方にも変化が出てきている気がします。

佳子さま「結婚、姉の希望かなう形に」 報道にも言及

佳子さま「結婚、姉の希望かなう形に」 報道にも言及(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

また「姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています」と言及。「今回の件を通して、情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています」と述べた。過熱する報道などを念頭に置いた発言とみられる。

 眞子さまの婚約者については、その母をめぐる金銭トラブルについて、法律実務的には返済義務の認定が困難になりやすい性質の金銭について「借金」であることを当然の前提とした報道が相次ぐなど、表現の自由を逸脱しているのではないかと思われるものも少なくありません。

かつて、皇后陛下をめぐる報道から皇后陛下がお言葉を発せられなくなる状態に陥ったこともあり、皇室報道について、虚偽性が強いものに対しては、宮内庁が適切な法的措置も講じるといったことも、今後は検討されなければならないように思われます。

フェイクニュースが横行する中で、皇室報道も問われていることを改めて感じました。

<北海道>道知事選 石川氏VS鈴木氏の選挙戦始まる

<北海道>道知事選 石川氏VS鈴木氏の選挙戦始まる(HTB北海道テレビ放送) - Yahoo!ニュース

十勝の足寄町出身の石川氏。2007年から衆議院議員を3期務めましたが、小沢一郎氏の秘書時代の政治資金規正法違反事件で2013年に議員辞職しました。公民権停止が明け6年半ぶりとなる選挙戦。掲げたのは「北海道独立宣言」です。

私は、一昨日夜から昨日にかけて、石川さんの応援のため札幌に行っており、昨日午前中は、札幌駅前での石川香織さん(石川さんの奥さん・衆議院議員)や玉城デニー沖縄県知事の応援演説を聞き、ご両名にご挨拶もすることができました。人々の意気は上がっており、十分に勝機があるものと確信しました。

石川さんは北海道のために十分働ける人であり、当選へ向けて是非とも頑張ってほしいと思いつつ帰京しました。引き続き応援します!

iPad mini 第5世代先行詳細レビュー。待ち焦がれた『小さな傑作』

iPad mini 第5世代先行詳細レビュー。待ち焦がれた『小さな傑作』(エイ出版社) - Yahoo!ニュース

使い慣れた方なら先刻ご承知のことと思うが、コンパクトなiPad miniは、電車の中や、飛行機の中でも気軽に取り出せるし、片手でしっかりホールドできるから街中で気軽に取り出して地図を見るようなシチュエーションでも不安なく使える。今回はニューヨークの街を歩きながら使ってみたが、観光の際に広いエリアの地図が見られるのは、格段の便利さがある。

 高価なiPad Proには惜しげもなく高品位なアーキテクチャを注ぎ込むが、iPad mini 第5世代のように見栄を取らず、実質的な高性能が必要とされるモデルは、旧モデルのアーキテクチャを上手に活かし、コストセーブする。これにより本体や各種部品はもとより、パッケージや展示用の什器に至るまで従来モデルと同じものを利用することができ価格を抑えることができる。

出ない出ないと言われていた新iPad miniですが、最近になって出る出ると言われるようになり、遂に出たな、という感じです。私も、一時は諦めていましたから、嬉しい誤算でした。

記事にあるように、こういう手堅い、実用的で価格を抑えたタブレットを求めている人は多いでしょうし、iPad miniのサイズ感には絶妙なものがあって、それが最新のCPUで、しかもApple pencilまで使えるとなると、神様仏様アップル様(ティム・クック様?)という感じです。実際、街中をネットのマップを見ながら歩くような時、スマートフォンでは見にくいのがiPad miniなら大きすぎず小さすぎず見やすかったりと、このサイズの持つメリットには大きなものがあります。

私も早速注文しており(セルラー256Gゴールド)、 これ用のApple pencilも併せて注文していて、使ってみるのが楽しみです。

新名刺入れ

 

[エバウィン] 名刺入れ 100枚収納 21541 BR ブラウン

[エバウィン] 名刺入れ 100枚収納 21541 BR ブラウン

 

 政治活動をいろいろと展開していると、人と会う機会が多くなり、名刺交換を頻繁にする関係で、予備の、名刺が沢山入る名刺入れを買おうと思いました。

Amazonで見て、山のように多いのでどれにするか迷ったのですが、これが、100枚収納とあり沢山入りそうで、価格も高すぎるものではなかったため、注文して、早速、使い始めています。

確かに100枚くらいは入りそうで、作りもしっかりしていて、気に入っています。

名刺が沢山入る、しっかりしたものが欲しい人にはお勧めできます。

元勤務医に無罪判決「虚偽と認定するには疑い残る」 京都地裁

元勤務医に無罪判決「虚偽と認定するには疑い残る」 京都地裁(京都新聞) - Yahoo!ニュース

齋藤裁判長は、組長の腎移植後の心機能は正常だったと認定したが、「過去の検査結果や自覚症状から、心臓突然死の危険がある心室不整脈と判断したことが真実に反すると断ずるには、合理的疑いが残る」と述べた。
腎移植前の過去の診断結果を、時期を明示せずに用いた点は「不適切だった」としたが、直ちに結論が事実に反するとはいえないとした。収監を逃れたい組長の意図を理解し、金品を受け取っていたと検察側が主張した動機についても、「そのような動機があるとしても、虚偽回答を推認させる力は極めて弱い」と退けた。

 医師による診断は、専門的見地に基づく、様々な事情を勘案した上でのもので、事実そのものだけでなく事実を前提とした評価も含まれますから、そもそも裁量の幅が広く、それを「虚偽」とまで断定するのは構造的に難しい(全くの嘘をでっち上げるようなものはともかくとして)と思います。

その意味では、記事によると他の被疑者2名は不起訴になっているということも見ると、捜査としていささか無理筋であったのではないかという印象を受けますし、起訴時点で、問題性がどこまで慎重に検討されていたのか疑問も残ります。

この種の事案を今後、捜査、起訴する上で参考になるケースになりそうです。