元検事の弁護士です(お問い合わせ→https://onl.la/xrg7wSi)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   070-9120-4440

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

乾いた銃声が響きしゃがみ込むトランプ氏、立ち上がり右耳とほほに鮮血…取材中の記者が遭遇

乾いた銃声が響きしゃがみ込むトランプ氏、立ち上がり右耳とほほに鮮血…取材中の記者が遭遇(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

「パーン、パーン、パーン」という乾いた銃声が響き、トランプ氏は右耳を押さえながらしゃがみ込んだ。

これには私も驚きましたし、過去にアメリカで起きた政治家に対する暗殺、暗殺未遂事件がいろいろと思い出されました。

高度な警護力を持つシークレットサービスが警護していてもこのような事件が起きるところに、要人警護の難しさがあると思いますし、今後、狙撃を防げなかったことについての様々な調査結果が出てくることでしょう。

憶測や陰謀論に惑わされず、まず客観的な事実関係を見ていく必要があるように思います。

 

天正遣欧使節 千々石ミゲルとその生涯~伊木力墓所発掘調査の成果と新たなミゲル像~

www.city.unzen.nagasaki.jp

前日の12日に、たまたま仕事で広島にいたので、翌日に行われたこの講演会に、足を伸ばして出向いて参加してきました。

千々石ミゲル墓所には、2022年の暮れに、島原半島原城跡などへ行った帰りに立ち寄ったことがあり、以前から興味を持っていて、それだけに、なかなか参考になる講演会でした。

このように真相が解明されてきたのも、地元の人々が長年に渡り墓所を大切に維持し、それに注目した人がいて、さらにクラウドファンディングなどで寄付をしてくれた多くの人々がいたからこそで、多くの人々の善意と努力の上にあると言っても過言ではないでしょう。

通説ではキリスト教を棄教したと言われてきた千々石ミゲルが、イエズス会からは脱会したものの棄教はしていなかったことが、発掘結果からほぼ確定したといえ、多くの人々の善意と努力がそこを解明したことに敬意を感じつつ会場を後にしました。

【速報】『関西検察のエース』元大阪地検トップを起訴 酒に酔って抵抗できない部下の女性に性的暴行か 「検事正」当時に官舎で

【速報】『関西検察のエース』元大阪地検トップを起訴 酒に酔って抵抗できない部下の女性に性的暴行か 「検事正」当時に官舎で(読売テレビ) - Yahoo!ニュース

大阪高検は12日の起訴を受けて、「法令の遵守に厳格であるべき検察庁の職員、しかも職員の模範となるべき幹部職員が在職期間中に重大な犯罪行為に及んだことは極めて遺憾であり、 国民の皆様に深くお詫び申し上げます。このような事態が二度と発生しないように、引き続き幹部職員をはじめとした全職員の綱紀の保持の徹底に努めてまいりたいと考えております」とコメントを出しました。

にわかには信じ難い事件ですが、「幹部職員をはじめとした全職員の綱紀の保持の徹底に努めてまいりたい」と言われても、検事正がこのような行為に及んでいたとなっては、何を信じてよいのかわからないと思う国民は多いでしょう。

検事長当確と言われていたにもかかわらず、突如として退職した経緯や、本件を含む不祥事による影響など、検察庁として、当時の経緯をきちんと調査して、再発防止へ役立てる必要性があるように思います。

徳田虎雄氏が死去 地元・徳之島住民の受け止めは?「厳しい一面もあったが、心優しい兄だった」 鹿児島

徳田虎雄氏が死去 地元・徳之島住民の受け止めは?「厳しい一面もあったが、心優しい兄だった」 鹿児島(MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース

その闘病生活の様子を知る、妻・秀子さんの弟・長川哲也さんは「厳しい一面もあったが、心優しい兄だった」と振り返ります。

yjochi.hatenadiary.com

かつて、上記の本を読んで、徳田氏の歩み、周囲の人々を含む歴史について興味深く感じたことが思い出されます。様々な問題は多数指摘され、出尽くしている感がありますが、これだけの風雲児を生み出したもの、支えたものは、上記の親族のコメントにある優しさ、人のために尽くそうという志であったような気がします。ご冥福をお祈りします。

【速報】大阪・西成区で40代女性が死亡した火事 60歳の男を殺人と放火の疑いで逮捕

【速報】大阪・西成区で40代女性が死亡した火事 60歳の男を殺人と放火の疑いで逮捕(ABCニュース) - Yahoo!ニュース

容疑者は先月9日午前6時ごろ、西成区の集合住宅の1階の部屋に何らかの方法で火をつけ、2階に住む牧田奈々絵さん(当時48)を殺害した疑いなどが持たれています。

検察庁にいた当時、屋内にいた人が亡くなった現住建造物放火事件の捜査を担当したことがあり、殺人罪の適用について、過去の裁判例をかなりの数集めて検討したことがありました。被疑者が、こういった事件の場合、人を殺すまでのつもりはなかったと故意を否認しがちで、過去の裁判例でも、犯行態様、建物の状況や内部の人の状態によって、殺人罪が否定されたものも多く、結局、その事件では放火のみで起訴した記憶があります。放火罪は法定刑が重く、特に現住建造物放火罪は殺人罪並みに刑が重くなっていて、人の生命、身体に対する罪としての罪質も評価されている面もあるでしょう。

上記の記事を読み、その当時のことを思い出しました。

収支報告書の虚偽記載「派閥の幹部にやめるよう何度か話したことがある」自民党安倍派会計責任者が検察側の被告人質問で語る 自民党裏金事件

収支報告書の虚偽記載「派閥の幹部にやめるよう何度か話したことがある」自民党安倍派会計責任者が検察側の被告人質問で語る 自民党裏金事件(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース

きょうの検察側の被告人質問で「安倍派幹部に虚偽記載をやめた方がいいと言い出したことはあるか」と問われると、「今の幹部ではなく、5年間仕えてきた幹部には何度か話したことはある」と明かしました。

松本被告は前回の裁判で、議員へのキックバックが継続した経緯について、「ある幹部」から打診があったと説明していましたが、検察官が「それは誰か」と問うと、「ご本人が話していないので、差し控えたい」と明らかにしませんでした。

「ある幹部」が共謀者という位置付けになっていないので、検察も、そこは積極的に立証していないでしょうし、被告人質問でこういう曖昧な供述になっても、そこを突っ込んで追及していくことをしないのでしょう。

そういう事件処理について強い批判が今でもありますが、私は、証拠は見ていないものの、かつての陸山会事件で同様の問題状況があって、結局、裁判所は政治家の共謀を認めませんでしたから、そういう経緯も踏まえて慎重に処理した検察の方針、姿勢にはそれなりに理解できるものを感じています。

ただ、私も含め、皆、証拠は見られていませんし、常識的に考えて、政治家が不問に付されて刑事責任を問われないことに疑問感じるのは当然のことで、問題としては語り続けられることになるでしょう。