元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

日大アメフト部 当時の監督ら不起訴処分へ

日大アメフト部 当時の監督ら不起訴処分へ(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

選手は、タックルで相手選手にケガをさせたものの、示談が成立していることなどから、起訴猶予で不起訴にする判断をしたものとみられる。

選手については、被害者側も寛大処分を求めていたようで、こうなることは自然な流れでしょう。

監督らについては、以前、

yjochi.hatenadiary.com

とコメントしたように、なかなか立証が難しい、微妙な証拠関係であったことが窺われ、嫌疑不十分というのは、証拠による立証の限界、疑わしきは被告人(被疑者)の利益にという観点からは妥当な判断といえるでしょう。

東京地検としては、今年の2月の送付事件を、年末が迫りつつある今まで捜査していたわけで、検察庁なりに慎重に捜査を行っていたことが窺われるものがあります。

懲戒解雇となった監督らが大学と係争中と報じられていて、刑事でこうした処分となったものが、今後、民事でどうなるか、そこは注目されるものがあるでしょう。

 

 

「死ぬ以外、ネットでのリンチやめない」Hagexさん殺害、被告が動機語る

「死ぬ以外、ネットでのリンチやめない」Hagexさん殺害、被告が動機語る(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

被告は「一方的に殺してしまったことは、嫌いないじめと同じだと反省している」と述べた一方で「ネットリンチする人が1人減ったので、後悔はしていない」と淡々と語った。今回の事件以外にも「リンチしている人間はだいたいターゲットだった。殺す優先順位も付けていた」と話した。

 私自身、もう20年近く、個人として、あるいは仕事でインターネットを見てきていますが、過度にインターネットにハマってしまうことで、視野が狭くなり、狭い視野でしか物が見られなくなり、歪んだ思考、行動へと走る人々がいるものだと思います。

中には、病院で治療を受けるべきケースもあると思いますが、時にはインターネットから離れてみる、少し距離をおく、ということも必要でしょう。自分自身にとってはインターネットの世界が極めて大きなもののように感じても、実際は、ごくちっぽけなところでコップの中の嵐が吹いているだけ、ということがほとんどだと思います。

そういう、冷静になって物を見る余裕が、この被告人にもっとあれば、最悪の結果にはならなかっただろうと、残念な思いがします。

被害者は、今後の更なる活躍が期待されていた人であっただけに、非業の死は残念であったと思いますし、社会的な損失にも大きなものがあったでしょう。ご冥福をお祈りします。

桜を見る会、自民に推薦枠 ブログ記事、削除の動きも

桜を見る会、自民に推薦枠 ブログ記事、削除の動きも(時事通信) - Yahoo!ニュース

野党側が追及を本格化させたことを受け、同党の議員・関係者が自身のホームページやブログから関連画像などを削除する動きも相次いでいる。

 毎年、開催時期になると、自尊心や虚栄心の強そうな人が自慢げな投稿をネットで行い、そういうものがFacebook等のタイムラインで流れてきて、ああ、春なんだな、頭の中もお花畑な人達だな(笑)と感じるのが、私の年中行事のようになっていました。

ただ、そういうお花畑な人達がただ、群れ集うだけでなく、公費が政治家の後援会活動や地盤培養に使われている、ということになれば由々しき問題ですし、政治資金規正法等に照らして違法性があれば、それは由々しき問題というだけでなく違法行為ということにもなってきます。

こういう、裸の王様と愚民の集い、といったものは、やりたければ私費でやればよく、公費を支出しないと行えないのであれば、やめてしまうのが適当でしょう。

 

山口組三国志 織田絆誠という男

 

山口組三国志 織田絆誠という男

山口組三国志 織田絆誠という男

 

 山口組若頭が出所し、今後の、分裂した他団体も含め、その動向が注目されている状況で、これを読んでいなかったなと思い、通読しました。

感じたのは、関西ヤクザと中京ヤクザ(特に弘道会)の、ヤクザとしてのスタイルの違い、それ故に本質的にソリが合わないことで、そういう根本的なところで食い違いがある以上、再び元の鞘に収まるのはかなり難しいのではないかという気がしました。

山健組といえば、山口組内で極めて大きな勢力を誇ってきて、山健にあらずば人にあらずとも言われた名門の組ですが、そういう状態こそが、山口組全体の統率を損ねてきたというのが任侠山口組の主張のようであり、そうである以上、尚更、任侠山口組が神戸山口組に復帰するといったことは困難でしょう。

今後の更なる抗争に発展しかねない現状で、警察当局も神経を尖らせているところであろうと思いますが、私のような、刑事事件を割とよく取り扱う弁護士としても、こういった状況は今後とも注視する必要があると思っており、山口組に深く食い込んできた著者によるものだけに、参考になりました。

 

オウム真理教 偽りの救済

 

オウム真理教 偽りの救済

オウム真理教 偽りの救済

 

 最近、たまたま存在を知って読むようになり、半分くらい読んだのですが、著者の、オウム真理教、教祖や信者に対する見方が、私自身(平成7年、8年当時に東京地検公安部に所属してオウム真理教捜査に従事)と重なり共感を覚える部分が結構ある印象を受けています。

オウム真理教が勢力を拡大した昭和の終わりから平成の初めにかけての頃は、世紀末を前にして、物質文明への懐疑や精神世界への憧れが、若者を中心に広がっていた状況で、そういう中で、教祖であった松本(麻原)が、巧みな人心掌握術やヨガのスキルを最大限に活用して信者を獲得していった、そのプロセスへの分析、洞察にも納得できるものを感じました。

オウム真理教を知らない人々もかなり増えてきた今、読みやすく参考になる一冊だと思います。

秀吉の気配り、書状見つかる…直江兼続が「人たらし」ぶり生々しく

秀吉の気配り、書状見つかる…直江兼続が「人たらし」ぶり生々しく(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

兼続は築城現場の様子を報告するとともに、「昨日も大(太)閤様御覧なされ候(そうろう)、普請衆何(いずれ)ニも、御言葉を被下(くだされ)候」(昨日も秀吉様が工事をご覧になりました。工事をしている者たちに直接言葉をかけて下さいました)と、身分制の厳しい時代に、現場の士気を高めるための気配りを見せた様子を記している。

昔々、徳島地検にいた当時、8月の高知よさこい祭りの時期に大きめの事件があって高知地検へ応援派遣されたことがあって、ひどい目にあったと、その後、怒っていたのですが、徳島地検で検事正会議があって、他の検事と一緒に検事正室へ挨拶に行ったところ、高知地検検事正がわざわざそばまで寄ってきて、「落合君、あの事件では本当にご苦労様でした、助かりました」と手を取らんばかりの感じで言ってくれたことがありました。私は感激して、怒りも吹っ飛んで、今でも、あの検事正は良い人だったなという印象が強く残っています。単純と言えば単純なのですが(笑)。

上に立つ者は、そういう気配りができなければならず、できることによって人が大きく動くものなのでしょう。

記事を読み、自分自身の当時のことが、なぜか思い出されました。