刑事事件の分野を中心に活動する元検事の弁護士です

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

ある日突然「不発弾が出た」高額負担迫られる地主も――戦時の遺物、法律はあいまい

ある日突然「不発弾が出た」高額負担迫られる地主も――戦時の遺物、法律はあいまい - Yahoo!ニュース

自治体の対応もバラバラだ。前出の大阪地裁判決では、自治体が処理・撤去費用を全額負担し、土地所有者らに負担を求めなかった例として、東京都西東京市群馬県高崎市の名を挙げている。一方で、神戸市や名古屋市などは土地所有者に負担を求めていた。

 日本では、司法判断として、戦争による被害は国民全体が等しく受任すべきだ、とされ、基本的には救済されず、個別の対応で処理されているのが実情でしょう。

不発弾のように、特定の国民が(記事にあるような)、所有する土地から不発弾が発見されたというだけで法外な負担を強いられるようなものは、きちんとした立法により、そのようなことがないよう対応すべきものであることに、異論はないでしょう。そういうことが、戦後70年以上を経た今日まで対応されずにいるということに、大きな問題を感じます。

票にはならないにしても、政治が責任を持って対応すべきであり、早急に救済できる措置を講じてほしいものです。

星空まで撮影できる「Pixel 4」発表--ジェスチャーで触れずに操作可能、799ドルから

星空まで撮影できる「Pixel 4」発表--ジェスチャーで触れずに操作可能、799ドルから(CNET Japan) - Yahoo!ニュース

Googleのソフトウェア技術を生かした写真機能も大幅にアップデートされた。9枚の写真を合成して白飛びや黒つぶれを抑制する「HDR+」や、ライビュー状態でもHDRを適用できる「Live HDR+」、HDRでも露出のトーンをより細かく調整できる「Dual Exposure Controls」、マシンラーニングベースのオートホワイトバランスを搭載。デュアルカメラになったことで両カメラの視差から被写体の距離を正確に計測できるようになり、より高精度なポートレートモードを実現した。

 ハード面のハイスペックさも魅力的ですが、こういったところがPixelシリーズの強味でしょうね。

私は、ごく最近、Pixel3XLをかなり安く手に入れたばかりなので、当面、Pixel4を導入する予定はないのですが、以前、Nexusを使っていたことがあり、Googleの最新技術を盛り込んだPixelの流れの中に、再び入れたのは良かったなと素直に喜んでいます。ちょっと遅れてでも、この流れの中で機種変更をしていくことで、いろいろと勉強できれば良いなと感じています。

日本発売のPixel4では、これまで使えなかったeSIMも使えるようになるそうで、FeliCaも使えて、かなり使い勝手の良い端末になるでしょう。

電通の局長を現行犯逮捕 ラグビーW杯を観戦後、警備員殴った容疑

電通の局長を現行犯逮捕 ラグビーW杯を観戦後、警備員殴った容疑(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

当時、同容疑者は日本代表のユニホーム姿で酒に酔っていた。

私が検事になったのは平成元年で、検事から弁護士になり、多数の刑事事件を取り扱ってきましたが、繰り返し取り扱ってきな中に、「酒癖の悪い人」の事件がありました。

私はあまり酒に強くなく、飲むと寝てしまうほうですが、酒癖の悪い人というのは、飲むと豹変し、暴力をふるったり猥褻なことをしたり、普通ではやらない問題行動に及びがちです。酒というものも一種の「薬物」ですから、そういう酒癖の悪い人は、強く意識して、状況に応じつつ酒を控えるということを心掛けるしかないでしょう。

記事にある人が、そういう人なのか、犯罪行為に及んだのかはわかりませんが、かつて私自身が担当してきた事件が脳裏をよぎりながら、そういったことをつらつらと考えていました。

 

 

 

「コンビニの棚は空」「動物を置いて避難できない」台風19号で露呈した東京のもろさ〈週刊朝日〉

「コンビニの棚は空」「動物を置いて避難できない」台風19号で露呈した東京のもろさ〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

交通手段や食料の確保、避難所の態勢や外国人への配慮など、今回の台風の教訓はたくさんある。今も続く人命救助が最優先だが、行政には検証と対策が求められそうだ。

 記事にあるような、様々な問題点が浮き彫りになりましたが、その一方で、堅固な、高い建物が多くあって、そういったところにいることで身の安全を図りやすいメリットもあるでしょう。

肝心なのは、いかにメリットを大きく生かし、問題点を最小限度に抑え込んでいくかではないかと思います。

経験したことがない危険に対して、どう対処すべきか、なかなかわからないものです。台風の場合は、地震のように突如として勃発するものではなく、進路を含め予想ができるものですから、政府、地方自治体が広報活動を活発に展開し、「何をすべきか」「どう備えるか」「どうしのぐか」といったことを積極的に知らしめていくことが今後とも必要ではないかと思います。それは、と買い、都会ではないところを問わないことですが、特に、大規模な人口を擁する都会においては、人々の行動に大きく影響するという意味で、重要度がより高いように思います。

浮き彫りになった問題点を、今後へと大きく生かしたいものです。

 

「中国寄り」店舗破壊も=香港各地でデモ散発

「中国寄り」店舗破壊も=香港各地でデモ散発(時事通信) - Yahoo!ニュース

一部デモ隊は、「中国寄り」とされる飲食店や小売店にスプレーを吹き付けたりガラスを割ったりする破壊行為に及び、警官隊は催涙弾で応酬した。

以前は、香港の一国二制度を侵害しようとする動きに対する香港市民の反発という図式であったのが、その後、香港内部における新中国派とそうではない人々との対立、内ゲバという傾向が出てきていて、憂慮されるものがあります。 

独特の存在感を発揮してきた、一国二制度の中で、自由で民主的な社会を維持するユニークな香港というものが、次第に空中分解しつつあるようで、残念であり、なんとかならないものかと私自身も感じています。

まずは、すべての暴力や暴力につながる行動を停止して「停戦」状態になり、今後の香港について徹底的に話し合うという状況に持ち込めないものかと思うのですが、難しいでしょうか。

命守る行動を」気象庁会見 特別警報12都県に

【速報】「命守る行動を」気象庁会見 特別警報12都県に(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

特別警報が発表されてからでは避難が困難となります。

 12日に、私は、最近亡くなった知人の偲ぶ会に出席するため神戸にいたのですが、午前中、神戸でも風雨が強くなっていて台風の影響が出ていました。結局、偲ぶ会は当日になって中止、延期になりました。

スマートフォンで刻一刻と入ってくる台風情報を見ながら、情報が取れている人とそうではない人の情報格差や、それによる対応の遅れ、逃げ遅れ、といったことが強く懸念されました。こういった情報をいかにうまく、幅広く伝えて行くかということに、今後とも、政府、地方自治体は、必要な予算措置を講じることを躊躇せず、積極的に臨んでほしいと思います。

様々な災害が、日本の国土を、人々の生命、身体、財産に対して脅威になっており、今後とも災害対策は最重要の課題であり続けるでしょう。