元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「あれがドコモショップのリアル」──“クソ野郎”事件はなぜ起きたのか 現役店員が漏らした本音

「あれがドコモショップのリアル」──“クソ野郎”事件はなぜ起きたのか 現役店員が漏らした本音(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

1月8日、あるTwitterユーザーがドコモショップの書類の画像を投稿した。
「親代表の一括請求の子番号です。つまりクソ野郎。新プランにかえて、Disneyはベタ付け。『バックアップめんどくさくないですか?』からのいちおしパックをつけてあげて下さい。親が支払いしてるから、お金に無トンチャクだと思うから話す価値はあるかと」──。
これはTwitterユーザーの知人が受け取ったもので、ドコモショップに機種変更に行った際に書類に紛れていたという。

総務省の規制により、買い回りユーザーへの“不当”な金の流れはせき止められたが、ショップには契約数獲得のノルマが残った。販売手段を失ったのに、目標だけが残っている状況だ。

 「暴言メモ」の背景にあるものを紹介する記事で、ドコモショップもなかなか厳しい状況にあることがわかります。

昨年末、料金プラン変更のためドコモショップへ行ったのですが、その際、この私にすら「ディズニーなんちゃらはいかがですか?1年間ただですよ」と、ディズニーを進めており、内心、「ディズニー?いらねーよ」と思いつつ、笑顔で「要りません」と答えたのですが、いろいろとノルマもあって手当たり次第に勧めているのでしょう。上記の記事を読み、窓口係員も大変なんだろうなと思いました。

金をばらまいて数字を作る手法が封じられて、現場が荒んでいるとすれば由々しきことで、このような不祥事は氷山の一角と見るべきでしょう。数字を追求するだけでなく、適正さや利用者に不快な思いをさせないことを併せて追求しないと、中長期的には利用者を失うことになりかねません。

元気象台長がキャスターに転身 命綱着け雪下ろしなど体当たり解説好評

元気象台長がキャスターに転身 命綱着け雪下ろしなど体当たり解説好評(河北新報) - Yahoo!ニュース

和田さんは山形県高畠町出身。仙台管区気象台に延べ約14年勤務し、2016年度に盛岡、17年度に秋田の各地方気象台長を務めた。18年3月に定年を迎え、再任用されて昨年秋まで秋田地方気象台で働いていた。

欧米のテレビでは、専門性のあるコメンテーターが専門性を生かしてコメントしている姿をよく見受けますが、日本のテレビを見ていると、そういう人もいるものの、タレントや評論家などが、専門外の事柄について、思いつきで適当なコメントをしているのが目立つ気がします。どうせ馬鹿な視聴者相手なのでその程度で十分という制作意図かもしれませんが、それで良いのかと不満に思う人も少なくないでしょう。

こういう専門性を生かしたキャスター、コメンテーターがもっと増えて、的確なコメントをしてもらいたい気がします。

 

信長家臣明智光秀(平凡社新書)

 

信長家臣明智光秀 (923) (平凡社新書)

信長家臣明智光秀 (923) (平凡社新書)

  • 作者:金子 拓
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2019/10/17
  • メディア: 新書
 

 NHK大河ドラマ麒麟がくる」関連で、こういった本がかなり出ていて、歴史好きの私は、いろいろと買っては読んでいます。これも、そういう一環で読みました。

特に印象に残ったのは、明智光秀織田信長足利義昭に両属する関係になった後、本能寺の変に至るまでの活動状況が、史料に基づき丹念にたどられていたことで、「兼見卿記」がよく引用される吉田兼見細川藤孝の従兄弟であることを、この本を読んで初めて知りました)との密接な関係など、明智光秀が置かれていた状況、環境といったことが、平板ではなく立体的に理解できたように感じられました。

著者が推測して述べる本能寺の変の動機(詳しくは本書をお読みください)も、私自身にも納得できるものでした。

今後、明智光秀について考える際には、再び読んでみたい本だと思いました。

 

iPhoneは再び好調に、しかし懸念もいくつか…2020年のアップルはどうなる

iPhoneは再び好調に、しかし懸念もいくつか…2020年のアップルはどうなる | Business Insider Japan

  • 2020年がアップル(Apple)にとって重要な1年になるだろうという兆候が、すでに現れてきている。アナリストたちは、2020年、iPhoneが1年にわたる売り上げ不振から復活し、AirPodsは年間を通じて売れ続けるだろうと予測する。
  • 次のiPhoneiPad Proで、アップルが主要製品でどこへ向かおうとしているのかを垣間見ることができる。
  • だが2020年、アップルも他の大手テック企業と同様に、その規模と影響力が競争を阻害しているのではないかという懸念に、引き続き取り組まなければならない

 

5Gが世界的に、徐々にサービスを展開しつつあり、時期iPhoneでは5G対応になることは確実ですから、そこが売上の追い風になる可能性は高いでしょう。

私自身、現在、5つのスマートフォン(iPhone2つ、Android3つ)を持ち歩いて使いまくっていますが、やはり、使いやすく感じるのはiPhoneで、最もよく使うのはiPhone11ProMaxです。端末としての使いやすさや、iCloudを介して同期できることによる便利さなど、総合力で、iPhoneを初めとするアップル製品は他社から抜きんでたものがあり、今後、すぐにはその優位性は崩れないでしょう。

 

 

 

13年前に発表された初代iPhoneは、こんな端末だった

 13年前に発表された初代iPhoneは、こんな端末だった - iPhone Mania

2007年1月9日(日本では1月10日)に初代iPhoneが発売されてから、13年が経ちました。

iPhoneiPodと同様のメディア管理方法を採用しており、音楽の取り込み、連絡先やカレンダーの同期は、有線ケーブルでパソコンと接続し、iTunes経由で同期する必要がありました。
 まだ音楽ストリーミングサービスもiCloudもなかった時代の話です。

もう13年なのかという思いと、まだ13年なのかという思いが交錯するような気がします。記事に出ている、初代iPhoneを発表するスティーブ・ジョブズが懐かしく頼もしいいです。彼は、何かをやってくれるという思いを、我々に抱かせてくれる人でした。彼を失ったことで我々が失ったものの大きさを感じます。

iPhoneで、昔と今で大きく違いがありとても改善されているのは、iCloudにより、PCなしでも管理が可能になったことでしょう。かつてはPC経由、iTunes経由で行う必要があって、結構、面倒なものでした。ああいう面倒さがなくなった後にiPhoneを使うようになった人はラッキーだと思います。

千里の道も一歩からと言いますが、その一歩を踏み出したスティーブ。ジョブズの偉大さをしみじみと感じます。

 

 

2600円/3GBから利用できるプリペイドSIM「Nomad SIM Prepaid」発売

2600円/3GBから利用できるプリペイドSIM「Nomad SIM Prepaid」発売 (2020年1月8日) - エキサイトニュース

本サービスは契約期間がなく、最長90日間利用可能。iPhoneiPadであればSIMを挿入すれば自動で設定し、4G LTEテザリングに対応する。プランは3GBで2600円(税別)と10GBで3400円(税別)の2つ。
 スマートフォンタブレットノートPCモバイルルーターなど各種端末で利用でき、使い切りのため初期費用、月額料金、解約手続などは不要。

 iPadなどのタブレットにSIMは入れてすぐに使えるようにしておきたい、しかし、月間で2Gか3Gくらいしか使わないという人は、結構、多いと思いますが、上記の10Gプランは、そういう人にとってお得なデータSIMですね。

90日間有効なので、90日以内に10G使い切って、新しいSIMに差し替える、ということを繰り返せば、リーズナブルに運用できると思います。

10Gプランは、税込で、1G当たり374円で、同種のものの中でも特に安いと思います。なかなかお買い得なサービスでしょう。