元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

さようなら、「Pixel 6 Pro」--私向きではない9つの理由

さようなら、「Pixel 6 Pro」--私向きではない9つの理由 - CNET Japan

 GoogleがPixel 6シリーズの予約受け付けを開始した際、妻のために「Sorta Seaform」カラーのPixel 6を購入した。妻はサムスンの「Galaxy S20 Ultra」を使っており、Pixel 6のカメラ性能を気に入って乗り換えるだろうと思ったのだ。だが、妻は2日間使っただけでPixel 6を私に返し、返品してS20 Ultraを返してくれと言った。

 皆さんは、私のPixel 6 Proに関するこれらの感想が、Galaxy Z Fold 3への盲目の愛によるものだと思うだろうか。

この記事の執筆者はPixel6ProとGalaxyZfold3を併用していて、私は、Pixel6とGalaxyZfold3を併用していて併用の仕方が似ているので、この記事は興味を感じつつ読みました。

私の印象を言うと、GalaxyZfold3が、これまでのGalaxyの物作りの実績の上にあるという感じで、堅牢な使用感であるということです。カメラにしても、現在はPixel6、6Proが脚光を浴びていますが、GalaxyZfold3も、これがなかなか良い写真が撮れて、どういう状況でも確実に良い写真が撮れるという点ではPixelよりGalaxyが一日の町があるのではないかと感じています。AIの効かせ方に差があるのではないかと推測しているのですが、Paxelは、やや波があるのに対して、Galaxyはコンスタントに秀逸な写真が撮れる気がします。

個人的には、Pixel6についてはもう少し小振りにしてほしかったところですが、私はこちらも気に入っていて、特に夜景の撮れ方には素晴らしいものがあり、バンバンと撮りまくっています。

ハイエンドなスマートフォンについて使いながら比較できること自体、恵まれていることではあります。

「覚醒剤アンダーグラウンド 日本の覚醒剤流通の全てを知り尽くした男」

 

私自身、検察庁在籍当時は薬物事件を取り扱うことが多く、退職した時点では千葉地検の麻薬係検事で成田空港経由の密輸事件もいろいろと担当していました。また、弁護士になってからも、いろいろな薬物事件の弁護をやってきています。

そういう立場もあり、この種の本には興味を持って読むことがあり、これはネット上で紹介されていたので、早速、読んでみました。

書かれていることのどこまでが真実かはともかく、覚醒剤等の違法薬物を巡り、海外からの様々なルートで、様々な人々が地下、水面下で動きつつ、巨大なアングラビジネスが展開されていることが描き出されていて、なかなか読ませる内容になっているという印象を受けました。

薬物の世界の闇の深さ、幅広さを知りたい人には読んで参考になる一冊でしょう。

「広田弘毅:常に平和主義者だった」

 

元首相でA級戦犯として処刑された広田弘毅については、これまで

 

を読んでことがあり、「落日燃ゆ」ではその悲劇性が強く印象づけられたのに対し、「悲劇の宰相の実像」では、無力なまま軍部の専横に追随する姿が浮き彫りにされて、私自身の広田弘毅像に定まらぬところがありました。

この度、ミネルヴァ書房から本書が出たので、そういう意識を持ちつつ、早速読んでみました。

かなり詳細に、広田の生涯を追っていて、参考になりましたが、印象的だったのは、

・広田が玄洋社のメンバーではあったものの、そこから国家主義的な影響を受けた形跡がなく、終始、英米を含むと諸外国との協調を目指していた

・対中国問題でも、諸外国との協調関係を維持した上での平和的解決を目指し、永田鉄山暗殺までは陸軍統制派とも連携関係にあった

・死刑判決の大きな原因になった南京事件への対応についても、閣議での問題化が実効性のない状況の中、陸軍に対しては速やかな対応を求め、広田なりの措置を講じていた

ということでした。

東京裁判への対応にも見られるように、広田自身、自らの運命を積極的に切り開いていくというよりは、時の流れに任せるようなところがあり、そういう東洋的な君子風のところが、例えば軍部への対応については積極性に欠けるようにも見られ、昭和天皇からは不満を持たれ、東京裁判における軍部への追随者としての責任を過大に取らされることにもつながったように思われます。

文官としては、近衛文麿は自殺、木戸幸一は自己弁護に終始し、残された広田が唯一の文官としての死刑判決を受けたという側面もあったでしょう。

落日燃ゆが描く、平和を求めながら潰えた悲劇的な人物という見方にも、一理も二理もあるような気がしてきました。

改めて、落日燃ゆや悲劇の宰相の実像を読み直してみて、私自身の広田弘毅像を再構築していきたいと考えています。

〈証拠文書入手〉斉藤鉄夫国交相の支援団体も「有権者買収」の疑い

〈証拠文書入手〉斉藤鉄夫国交相の支援団体も「有権者買収」の疑い(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

 運送会社関係者が次のように証言する。

「実際、グランヴィアの演説会に参加した人は、宴会場の前に到着すると、飲食店の“順番待ち”の際に書くような紙に記帳をした上で、4千数百円の旅費を受け取ったそうです」

選挙運動期間中やそれに近接した時期に動員をかけ、集まった人々に現金を渡す行為は、どういう名目であれ、過去の選挙違反事件でも投票買収、運動買収として立件されてきた、典型的な公選法違反の手法ですね。

純然たる実費弁償であれば買収にならない可能性はありますが、実費であることを具体的に、明確にする必要があり、一律に同額を複数人に渡す、という方法は買収と評価されるのが一般的です。

そういうことはしないように、各党で注意しているはずですが・・・。

今後の捜査により真相は明らかにされるでしょう。

職場の「飲みニケーション」必要は去年よりも大幅減

職場の「飲みニケーション」必要は去年よりも大幅減(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

 日本生命保険の調査によりますと、「飲みニケーション」について「必要」または「どちらかと言えば必要」と答えた人は全体の38.2%で去年より16.1ポイント減少しました。  

「必要」とする理由で多かったのは「本音を聞ける・距離を縮められるから」で57.6%、次いで「情報収集できるから」でした。

 一方、「どちらかと言えば不要」または「不要」と答えた人は全体の61.9%でした。理由として多かったのは「気を遣うから」「仕事の延長と感じるから」でした。

私は、若い頃から、そういったコミュニケーションの取り方に否定的でしたが、昭和の終わりから平成の初め頃は、そういう考え方を公言するのもはばかられるような状態にあったことが思い出されます。

気が合う者同士が意気投合して飲みに行く、といったことは大いにやって良いと思いますが、義理とか義務的な、ありがちな飲みニケーションは、今後、ますます否定的に捉えられるように思います。

SNS等の様々なコミュニケーション手段を駆使しながら、相互に負担の内容に、合理的に進めていくべきでしょう。

 

最終バスに駆け寄って「乗せて」と頼んだ16歳少女 運転手が「乗車拒否した理由」

最終バスに駆け寄って「乗せて」と頼んだ16歳少女 運転手が「乗車拒否した理由」(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース

21時半に最終便が発車する121番のバスに乗るため、夜21時を過ぎた頃、バスターミナルに向かった。ホックニーがバスターミナルに到着すると、その終バスはちょうど発車しようとするところだったという。急いでバスにかけ寄り「バスに乗せてください。家に帰らないといけないんです」と頼んだ。 しかし、バスの運転手はこれを拒否。乗せて欲しいと何度も頼むホックニーに首を振るだけだった。

運転手は「安全の理由上、一度発車したらドアは開けてはいけない決まりがある」と言い出す。これに警察官は「周りに、バスの安全性を脅かすものは何もないように思える。彼女はバスに乗れたはず」と言うと、ドライバーは「あなたの仕事と同様で私も指示に従わなければいけないんです」と言い訳をしている。

昔、

を読んでいたときに出ていたと記憶していますが、日本のあるところで、深夜、家事があり、消防隊が近くにあった役所の消火栓を使おうとしたところ、守衛が出てきて、申請書を出さないと使わせないと拒否し、近くで火事がどんどん燃えているのにその守衛が頑として応じなかった、という実話が紹介されていたことを思い出しました。

日本人にもよくいるタイプですが、杓子定規で融通が効かない、というのは、こういった望ましくない結果を招く場合があるということでしょう。

緊急の場合、杓子定規にルールを墨守していてはかえって望ましくないことになる場合、臨機応変に対応する裁量は現場に与えられていると考えるべきだと思います。