元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

スマホが使えなくなった……「世界一受けたい授業」が紹介した「SIMカードロック」でトラブル相次ぐ 専門家は「危険性の高い機能」と指摘

スマホが使えなくなった……「世界一受けたい授業」が紹介した「SIMカードロック」でトラブル相次ぐ 専門家は「危険性の高い機能」と指摘(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

しかし、SIMのPINコードは入力する番号を3回間違えると「PINロック」状態に陥ってしまい、データ通信はおろか、電話の発着信などSIMを使った通信が使えなくなる。  

スマートフォンの設定に詳しい、インターネットイニシアティブIIJ)のMVNO事業部シニアエンジニアでもある広報部の堂前清隆副部長は、「操作を間違えるとスマホが利用できなくなる、極めて危険性の高い機能」と指摘する。

 私自身、今まで結構な数のスマートフォンを使ってきましたが、SIMカードロックを設定してかけたことはないですね。スマートフォン自体のロックで間に合いますし、上記の記事にもあるように、SIM自体に電話帳等を書き込むということもなく、もし、SIMごとスマートフォンを失くせばすぐに利用停止にするはずで、そこまでする必要はない、という感覚です。

誰しもデジタル関係のセキュリティには敏感ですし、そういう中で、影響力が大きいテレビ番組で紹介されたことには多くの人が影響されますから、番組制作上、注意してほしいという気がします。

高輪ゲートウェイ駅、なぜ改札口のカードタッチ部分が少し斜め?駅構内はハイテクの宝庫

高輪ゲートウェイ駅、なぜ改札口のカードタッチ部分が少し斜め?駅構内はハイテクの宝庫

自動改札機も一部が最新式の機械となっている。これは高輪ゲートウェイ駅が初めてではないが、車イス利用の乗客でもICカード乗車券がタッチしやすいよう、通路側に斜めについているのが特長だ。実際に通行状態を見ていると、小さな子どもでもタッチしやすい。小学生でもICカード乗車券で電車に乗る機会があり、これもメリットと思われた。

最初に、この改札を利用した際に、なんだか斜めになっていて使いにくいな、と感じたのですが、それは、私が従来の改札に慣れきっているからであって、上記の記事にあるように、子供とか車椅子の人にとってはむしろ使いやすいでしょう。そういう、様々な人への配慮を行き届かせることも科学技術の進歩というものである、ということを感じるものがあります。

高輪ゲートウェイ駅や新しい施設の、そういった、細かいところへの工夫も、今後、注意して見ていきたいと思いました。

「六本木のカローラ」に「小ベンツ」、「120系クラウン」など、いま乗りたいバブル期に輝いたセダン3選

「六本木のカローラ」に「小ベンツ」、「120系クラウン」など、いま乗りたいバブル期に輝いたセダン3選(MOTA) - Yahoo!ニュース

六本木のカローラ」こと、2代目3シリーズのライバルで同時期に人気だったのが、80年代~90年代のメルセデス・ベンツを象徴するような存在感のある直線的なスタイリングで、「小ベンツ」や「赤坂のサニー」と呼ばれた190Eです。日本には1985年より登場しました。

価格はエントリーモデルでも500万円前後と、当時としても高価ながら大ヒットを記録。日本でのメルセデス・ベンツ普及に多大な貢献をもたらしたモデルです。

紹介されている中で、特にこれは私の印象に残っていますね。それまで、ベンツといえば、庶民には手の届かない高級車というイメージ(実際にそうでした)が、これが出たことで、高価ではあるがなんとか頑張れば買えるというイメージを、強く打ち出したことが思い出されます。それだけに話題にもなり売れたのでしょう。

車の歴史というものも、見ていると、その時代時代を反映もしていて、興味深いものがあると思います。

 

お茶にこだわるスタバ、「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」リニューアルオープン

お茶にこだわるスタバ、「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」リニューアルオープン(Impress Watch) - Yahoo!ニュース

スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」は、この流れをくんだメニューを多彩にそろえたのが特徴で、明るい木目調の店内でさまざまなティービバレッジを楽しむことができる。

この店舗は、六本木ヒルズの地下にあって、私も六本木ヒルズオープン当初から利用してきていますが、六本木ヒルズ内の他のスターバックスとは異なるテイストの店舗になるようですね。

お茶系の飲み物も、日本カルチャーに馴染んできた者にとっては美味しいもので、最近、この店舗には行っていなかったので、リニューアルを機に行ってみたいと思いました。

六本木ヒルズも、オープン後、17年余り経ち、変貌していくものだなと感じます。 

「海外出張成功の鍵はホテルにあり!」

 

 前にKindleで落として途中まで読んでいたものを、最後まで読んで読了しました。海外でのホテル選びやホテルでの過ごし方、利用方法などをがわかりやすく紹介されていて、自分自身の感覚を確認することもでき、また、知らなかったこともあって参考になりました。

初めていくような場所で、現地事情がよくわからなくて心細い時は、やはり、宿泊先のホテルが頼りになるものです。やや高めであっても、現地で頼る先もないまま途方に暮れるよりは、信頼できるホテルに宿泊していたほうが安心だし、そのための出費は不可欠な必要経費なのだろうと、強く感じるものがありました。

「実話奇譚 怨色」

 

実話奇譚 怨色 (竹書房怪談文庫)

実話奇譚 怨色 (竹書房怪談文庫)

 

 前に、同じ著者の

yjochi.hatenadiary.com

を読んで、おもしろかったと感じていたところ、上記の本をたまたま見つけて、Kindleで読んでみました。

著者の様々な取材に基づいていると思われるのですが、なんとも不思議な話が続き、世の中には、既存の科学や常識では説明がつかない、不思議なことがあるものだと、改めて感じました。

心霊写真というものも、偽物ばかりだと言われがちですが、前に、知人のマスコミ関係者が、殺人事件があったとかいう場所でマスコミ関係者が撮った写真を見せてくれて、そこに、あり得ない場所から、生きている人間のものとは到底思えない、生気のない手だけがヌッと出ていて、こういうものがじゃたりあるんだなと感じたことがありました。そのことも思い出しました。