元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの補償サービスを完全解説 どんな人が加入すべき?

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの補償サービスを完全解説 どんな人が加入すべき?(1/5 ページ) - ITmedia Mobile

従来提供されているNTTドコモスマートフォン向け補償サービスには「ケータイ補償サービス」と「AppleCare+ for iPhone」があります。この2つの補償サービスに加え、2022年9月15日には「smartあんしん補償」の提供が開始されました。

 通信キャリア各社の補償サービスが紹介されていて参考になる記事ですが、私は今秋にiPhone14Proをドコモで購入した際に、smartあんしん補償に入りました。

以前はAppleCareに入っていたのですが、最近はドコモの独自補償に入っていて、smartあんしん補償は、記事でも紹介されているように、持っている他の製品にも補償が及んだりして補償が幅広い印象があったので選びました。

最近はスマートフォンも、本体、修理代金とも高くなっていて、保証をつけておかないといざというときに負担が重くなります。よく考えて、入っておくべきものには入っておく必要があるでしょう。

 

「バブルの王様」

 

バブル期に活躍(暗躍?)したアイチの森下安道氏に関するノンフィクションで、12月4 日から読み始め、おもしろいのでどんどん読んで、今朝、読み終えました。

バブル期を取り上げた本を読むと、アイチや森下氏はよく出てきますが、突っ込んで書かれてはいなくて、私自身、貸金業者、金主ということ以上にはよく知りませんでした。本書では、森下氏の生い立ちやバブル期までの活動、バブル期に果たした役割、その豪奢な生活ぶり、バブル崩壊後に一旦は沈みまた復活していった様子が紹介されていて、他で森下氏を具体的に紹介した本が見当たらない中、貴重なものと言えるように思いました。

バブルというものは、人間の歴史の中で浮かんでは消えまた浮かびということを繰り返しています。現在の不動産バブルも、平成バブルに比べればごく小さなものでしかありませんが、一種のバブルでしょう。バブルはいずれ弾けますが、その過程において、森下氏のような人物が必ず出現してきます。賢者は歴史に学ぶと言いますが、そういった意味で、森下氏のような人物の生涯を知っておく意味や価値はあるでしょう。

アバター・ブルーに染まった六本木ヒルズ・毛利庭園、3年ぶりイルミネーション

アバター・ブルーに染まった六本木ヒルズ・毛利庭園、3年ぶりイルミネーション | ORICON NEWS

今年、3年ぶりに復活した毛利庭園イルミネーションでは、開業以来初のブルーのライトアップで伝統的な日本庭園を包み込み、映画『浅草キッド』や『シン・ゴジラ』など数々の作品に参加している特殊造形/特殊メイクアーティストのAmazing JIROの手によって、ナヴィのネイチャーアートと庭園にそびえ立つクスノキへのネイチャープロジェクションが施される。

毛利庭園では、コロナ前、毎年、この時期になるとイルミネーションが綺麗で癒されたものでしたが、コロナの影響でそれが取りやめられていて、私も寂しさを感じていたものでした。今年は、それが復活するということで見るのが楽しみです。

今年も残り1ヶ月を切り、様々な思いが浮かんでは消える中、イルミネーションを見て、様々な感慨が湧いてきそうです。

「本当に悲しい」記念日にケーキ間に合わず...再配達もボロボロ 告発物議の専門店が謝罪「再発防止に努める」

「本当に悲しい」記念日にケーキ間に合わず...再配達もボロボロ 告発物議の専門店が謝罪「再発防止に努める」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

依頼者の元にケーキは届いたものの、中身は破損しており、飾りのクッキーは折れていた。箱の中ではクリームが散乱している。そのため、依頼者は改めて返品と全額返金を求めたが、RPcake側は規約上できないとして応じなかったという。

ケーキというのは取り扱いが難しく、運搬中に崩れたりしやすいので、よほど慎重な運搬を伴うサービスにしないと、こういった事故は起きやすいでしょう。ケーキ専門の宅配サービスでも使わないと厳しいように思いますが、そういうサービスはコスト面で引き合わないのではないでしょうか。

運営者の責任を追及するだけでなく、そもそも、サービスとして成り立ち得るものかどうかを疑ってみることも、利用者として必要なのではないかという気がします。

【中継】認知から5日のスピード逮捕…警察「報道で事件を知った」 保育園での園児虐待事件で保育士3人を逮捕 静岡・裾野市

【中継】認知から5日のスピード逮捕…警察「報道で事件を知った」 保育園での園児虐待事件で保育士3人を逮捕 静岡・裾野市(静岡朝日テレビ) - Yahoo!ニュース

警察は今回の事件について、11月29日の報道で事件を認知し、即日捜査を開始し。関係者からの証言などから、わずか5日間での逮捕となりました。

経緯がよくわからないのですが、園内で発生した問題は、遅くとも今年の夏頃の時点では関係者間で認識されていたようですから、被害者側の関係者が警察に相談に行くなどして、正式な立件前に、警察が内偵に入っていた可能性は感じられます。白紙の状態で認知して、5日程度で逮捕というのは、物理的に無理でしょう。

捜査当局は、告訴・告発とか被害届とかが出る前であっても、問題になっている案件が刑事事件になじむものであれば、情報収集したり関係者から事情を聴いたりすることがありますし、立件するに当たってのポイントを掴んで、相談等でやってきた関係者に、ここでなら立件できるとアドバイスすることもあります。

そういった積み重ねの上で、今回の逮捕に至ったと見るのが自然かつ合理的でしょう。

61歳早すぎる…渡辺徹さん急死 明るいキャラクターで愛された「ラガー」が…

61歳早すぎる…渡辺徹さん急死 明るいキャラクターで愛された「ラガー」が…(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

渡辺さんは高校卒業後の1980年、文学座の門を叩き翌81年研究生に。同年、オーディションで「太陽にほえろ!」の竹本淳二(ラガー)刑事役を射止め俳優デビューした。劇中で殉職するまで約4年間出演した。82年には歌手デビューも果たし、2枚目のシングル「約束」が大ヒットするなどアイドル的な人気となった。柔和な明るいキャラクターで、バラエティー番組や情報番組の司会者としても親しまれた。

私も「太陽にほえろ」は観ていましたが、渡辺氏は実に格好良い刑事で、私より年齢がちょっと上ということもあり、格好良いお兄さんという感覚が当時からずっとありました。明るく前向きなキャラクターには好感を覚えてもいました。それだけに急逝には驚きましたし残念としか言いようがありません。

ただ、若い時から健康に問題を抱えていたことは、大きく報道もされていて、ここまで生きて活躍できたことは、ご家族や周囲の献身的な協力、支援によるものだったということも言えるような気がします。

急逝を惜しみつつ、ご冥福をお祈りします。