元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「北欧諸国はなぜ幸福なのか」

 

先日、

 

を読み、その後に出た

 

をこれから読むところなのですが、いろいろと検索してみると、「北欧諸国はなぜ幸福なのか」が出てきて、こちらを読んでみました。

著者は、スウェーデンを中心に北欧諸国について論じているのですが、特に感じたのは、教育費が基本的に無償で、国家社会で人材を育成していて、その中で有能な人材は大きな富を生み出して、国家社会全体が大きな利益を受ける、そういう良い循環が生じているという点でした。福祉国家を維持するために税金は高いものの、税金が国家社会のために生かされている、その実感が人々に持てる状態であり、例えば職を失っても失業中の給付や職業訓練が手厚く、安心して生活できるのも大きなメリットだろうと感じました。

日本の場合も、教育費は大学まで基本的に無償にして、奨学金もより手厚くし、返済も柔軟に行えるようにすれば、国家社会として、人材を大きく育成していくことができるでしょう。少子化対策にもなってくるはずです。

そういったことを、いろいろと教えられ、考えさせられた本でした。

 

 

 

 

 

「災害と復興 天明三年浅間山大噴火」

 

歴史上、著名な大噴火で、今なお当時の痕跡が浅間山付近に残っていて、私も何度か見学したことがあるのですが、この本の存在を知り、興味を感じて読んでみました。それほど長くなく、うまく整理されていて、噴火当時の状況や、現在、残っているその痕跡などが、よく理解できました。

現在でも、例えば富士山の噴火は、数百年間起きていないだけに、いつ起きてもおかしくないと言われています。実際に噴火が起きれば、首都圏は大混乱に陥り経済活動にも多大な影響が出るでしょう。

こうした過去の噴火に学び、今に生かすことが強く求められていると感じつつ、読了しました。

この本を持って、浅間山周辺に、また見学に行きたいと考えていいます。

認知度1位はGoogle Driveだが… ユーザー評価による「オンラインストレージ」徹底比較

認知度1位はGoogle Driveだが… ユーザー評価による「オンラインストレージ」徹底比較(マネー現代編集部) | マネー現代 | 講談社

多くのオンラインストレージサービスが登場していますが、ITツールのユーザーレビューが集まるレビューサイト「ITreview」では、認知度面ではGoogle Drive、OneDrive、Dropbox、Boxの4大サービスが群を抜いています。

私は、本格的にインターネットを使うようになって20年余りで、その間、こういったオンラインストレージサービスは、当初は皆無、その後、徐々に出てきて紆余曲折を経ていて、良さそうなのを使ったり、そのうち他が良くなってそちらに移ったり、自分自身も紆余曲折してきました。

今は、大手のサービスを複数使って落ち着いていますが、こうした記事を読んで、自分に合ったサービスを選択してスタートできる人がうらやましいです。

個人的なお勧めはマイクロソフトのone driveで、Microsoft365を利用すれば、オフィスが一通り使えた上、one driveが1テラまで使え、しかも、毎月60分まで通話が無料でできるので、かなりお得感があります。

iPhoneiPadを使っている人は、iCloudがやはり便利に感じられるでしょう。

自分自身の使い方に合ったサービスを、絞った上で使うのがコツだと思います。

近藤サト バブル期ディスコでナンパされた意外過去「ワンレンボディコンで夜の六本木へ」

近藤サト バブル期ディスコでナンパされた意外過去「ワンレンボディコンで夜の六本木へ」(女性自身) - Yahoo!ニュース

のちに“お立ち台の女王”といわれた荒木師匠(荒木久美子)のような、ボートネックになっているニットのボディコンを、人気ブランド『ピンキー&ダイアン』で、5万円ほどで購入。仕送りが家賃も合わせて10万円だったので、まさに一張羅でした

私が大学時代を過ごしたのも同じ頃ですが、私の場合、田舎者で要領が悪い上に、司法試験を目指して砂を噛むような法律の勉強ばかりしていて、バブルの世相の中で楽しんだ記憶は皆無ですね。

バブル経済に狂奔する世間を横目で眺めながら、毎日、重たい法律書入りのバッグを持って大学の読書室へ通っていた日々だけが思い出されます。

あの頃、おもしろおかしく暮らしていた人々は、今、どこで何をしているのでしょうか。

バブル期の風景は、以前、

を観た際、よく取材されていて当時の雰囲気、人々の姿がよく出ていると感じた記憶があります。バブル期がどういう時代だったのか、興味がある人は観てください。

M2搭載iPad Proの販売価格を予想〜iPad mini 7が120Hz対応?

M2搭載iPad Proの販売価格を予想〜iPad mini 7が120Hz対応? - iPhone Mania

M2搭載11インチiPad Proの最小ストレージ容量は128GBで、5Gに対応、販売価格は799ドル〜(約108,000円〜)と、同メディアは述べています。

iDrop Newsの独自予想では、iPad mini(第7世代)の登場時期は2023年第3四半期(7月〜9月)で、ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに対応することが期待できます。

私の場合、iPad Pro11インチは2018年に買ったもので、事務所に置きっぱなしにして執務机上に置き、ウェブ会議に使ったり、iMacに対するサブの感じでネットを見たりしていますが、もう4年くらい使っているので、M2搭載の最新のものには心動きます。

iPad miniは自宅に置いて、在宅中の読書やネット閲覧に使っていて、こちらもかなり使い込んでいます。現行の6ですが、7が出れば、やはり欲しくはなるでしょう。

iPadはよく使うだけに、こういう噂話は気になります。

京急百貨店、ウィング高輪4店舗閉店へ アンナミラーズも

京急百貨店、ウィング高輪4店舗閉店へ アンナミラーズも | カナロコ by 神奈川新聞

4店舗は「アンナミラーズ」「エノテカ」「マクドナルド」「マンゴツリーカフェ+バー」。国土交通省の「品川駅西口基盤整備事業」の移転要請を受け、退店する。工事期間中を含め、ウィング高輪の他の店舗は営業を続ける。

私は、前に品川プリンスホテルがやっているゴルフ練習場に通っていた時期があって、クラブ入れた練習用のバッグを持って事務所から練習場へ歩いて行き、練習の前後に、マクドナルドでビッグマックなどをよく食べていました。

マンゴーツリーは、バンコクに本店がある、日本での店ですが、ここも何度か行ったことがあり、タイ料理を楽しんだものでした。

エノテカアンナミラーズも利用したことがあり、こうして閉店になるのは寂しさを禁じ得ません。が、今後、一帯でかなりすごい開発がされるようですから、それを楽しみにしたいと考えています。

思い出は記憶の中で生き続けるでしょう。