元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「平和ボケした日本人のための戦争論」

 

平和ボケした日本人のための戦争論

平和ボケした日本人のための戦争論

 

 若い頃、長谷川慶太郎氏の

publications.asahi.com

を読んで、戦争論というのはこういう内容なのだな、とある程度理解できた気がしたことと、長谷川氏の博識さ、語り口に感心した記憶がずっと残っていました。

その長谷川氏が昨年、亡くなり、新しいところでKindleで読める、これを通読してみました。

21世紀には戦争がなくなる、核戦争は不可能になる、といった長谷川氏の見解には疑問もあり、他にも賛同できない点はありましたが、博識さは昔の印象通りで、縦横無尽に語る、その語り口を、懐かしさを感じつつ味わい読みました。

こういうスケールの大きな評論家が、最近はいなくなっていて、惜しい人をなくしたということを強く感じるものがありました。

戦争はあるべきではないが、戦争を忌み嫌っていれば起きないものでもなく、「平和ボケ」から脱却して正面から考えることが、今の日本に求められていることでしょう。

アップル、血中酸素濃度を測定できる「Apple Watch Series 6」と税別29,800円の「SE」

アップル、血中酸素濃度を測定できる「Apple Watch Series 6」と税別29,800円の「SE」 - 価格.comマガジン

デザイン面では、Apple Watch史上最もカラフルなラインアップを揃える。ブルーアルミニウムケース、ゴールドステンレススチール、グレイブラックのステンレススチール(グラファイト)、そして(PRODUCT)REDが初登場。素材はチタニウム、ステンレススチール、100%再生アルミニウムなどから選べる。バンドにはバックルのない「ソロループ」と「ブレイデッドソロループ」が新たに加わった。

私は、新色のブルーが気に入り、ブルーアルミニウムの本体に、ブルーのブレイデッドソロループを組み合わせたものをオンラインで注文しました。

デザインがより洗練されたものになっていますし、健康面での様々なサポートが強化されて、Apple watchの魅力がより増したという印象を強く受けます。

かつては「一生もの」といった感じで高価な時計を持って大事に使う、ということが1つのステータスでしたが、今でもそういうものは残りつつも、Apple watchのような多機能のデジタル時計を持って、数年ごとに刷新しながら使う、というスタイルが、今後、ますます広がるように思います。

スマートフォンも、我々の生活を大きく変えましたが、こうした新たな時計も、我々の生活の中でかつてない役割を占めるようになっていると言えるでしょう。

au、Apple Watchを単体で契約できる「ウォッチナンバー」 月350円から

ASCII.jp:au、Apple Watchを単体で契約できる「ウォッチナンバー」 月350円から

従来は、スマホApple Watchを同一の電話番号で利用していたわけだが、ファミリー共有設定では、CellularモデルのApple Watchに単独の電話番号を割り当てるため、キャリア側も料金プランを含めた対応が必要になったわけだ。

既存の制度、料金プランではこうした状況が想定されていなかっため、実際のプランとしてはスマホ向けの「ピタットプラン 4G LTE」が適用されるが、実際には「ナンバーシェアからの移行キャンペーン」として、最大12ヵ月、月1630円の割引が発生。Apple Watchの使い方で想定される月1GB以下のパケット利用時は、「家族割プラス」込みで、税抜月350円から利用できる形となっている。

 子供にスマートフォンを持たせるほどではないが(あるいは持たせたくはないが)、その位置情報を把握しておきたいし電話で話せるようにはしておきたい、という需要はかなりあるように思われます。そういうところに、このファミリー共有設定はうまく食い込もうとしているという印象を受けますね。

子供に限らず、老親に持ってもらうといった利用法もあります。スマートフォンでは「こんなもの使えない」と嫌がられても、時計なら老親にも持ってもらいやすく位置情報が把握でき、徘徊して行方不明になっても探しやすくなります。

auの料金体系上は、Apple Watchが1つのスマートフォンと同等になり、割引があるとはいえ割引前はこういう割高な料金になってしまいますが、eSIMがMVNOにも開放されれば、正に、格安料金でMVNOが切り込むべき分野と言えるでしょう。

 

河井前法相が弁護士全員を解任 当面 裁判開けなくなる可能性も

河井前法相が弁護士全員を解任 当面 裁判開けなくなる可能性も | 河井前法相夫妻 公選法違反事件 | NHKニュース

15日は午前中、東京地方裁判所で8回目となる審理が開かれましたが、裁判の後、河井前大臣が弁護士の6人全員を解任しました。

捜査、公判を担当している弁護人と被告人の間で、意見が食い違ったり信頼関係がなくなったりして、途中で弁護人が交代することは時々あります。ただ、その場合、被告人がその旨言って弁護人が辞任することが多いですね。被告人が辞任してほしいと言っているのに辞任しない弁護人というのはまずいないですし(しなければ解任されるだけ)、一応の礼は払っておくということで辞任という形を取ることが多い、ということだろうと思います。その意味で、解任というのは、時間的な余裕がなかったのかもしれませんが、唐突感があります。

裁判所は、私選弁護人を改めて選任するか、被告人に意向を確認して、そのような意向があれば少し待ちますが、選任されなければ国選弁護人を付する手続に入ります。今後はそのような流れになりますし、弁護人が付かなければ公判は開けませんから、当面、公判は中断し、既に決まっていた証人尋問の日程は組み直さなければならなくなるでしょう。

被告人は早期の保釈を望んでいるようですが、裁判所は、多数の証人尋問が未了な状態では罪証隠滅の恐れが大きいと判断しているはずで、この弁護人解任が、保釈をさらに遠のかせることになったということは確実に言えると思います。

 

 

「細川ガラシャ:散りぬべき時知りてこそ(ミネルヴァ日本評伝選)」

 

 先日、

 を通読したところだったので、前から持っているこれも読んでおこうと思い通読しました。いうまでもないことですが、細川ガラシャ明智光秀の娘です。

細川ガラシャについては、

 も読んでいて、それなりに知識はありましたが、生涯を丹念に辿った上記の本は、細かい点まで行き届いていて読み応えがあり、改めて細川ガラシャという人物に関する知識や理解が深まりました。

聡明であり、古典に対する教養を豊富に持ちつつ、変転する運命、人生の中でキリスト教に傾倒し、人格を研ぎ澄ませていった生涯は見事だと思いますし、明智家に生まれた誇りを持ちつつ関ヶ原の戦いで東軍についた細川家を守るため義を貫いてその生涯を終えた、その姿には改めて感銘を覚えました。

「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」

この辞世の句に、細川ガラシャの生涯を賭けた思いが凝縮されているように思われます。

 

 

「千利休 切腹と晩年の真実(朝日選書)」

 

千利休 切腹と晩年の真実 (朝日新書)

千利休 切腹と晩年の真実 (朝日新書)

 

 千利休切腹していなかった、とする著者の説に興味を感じて、昨年、Kindleで落としていたのを最近になって通読してみました。

確かに、一次史料では、千利休が「逐電した」とするものはあっても、明確に切腹を裏付けるものはないようであり(あっても伝聞程度)、また、豊臣秀吉名護屋在住時に(千利休切腹した後の時期)、利久の茶を飲んだなどと手紙に書いていて、生存説を排除するのは難しいと感じました。

ただ、千利休が生存していれば、豊臣家関係者など少数ではあっても一定の範囲で、その事実は共有されていたはずであり、豊臣秀吉が死亡し徳川幕府の世になって、ごく断片的な二次史料でしか生存を窺わせる記事がないというのも、もし本当に生存していたのであれば、あり得ないようにも思われます。

今後、何らかの新たな史料が出てくることで、切腹、生存のいずれかが裏付けられるのかもしれません。

また、千利休による利久流の茶というものが、江戸期になって、理想を追う形で形成されていった、しかし、実際に千利休が存在した当時に本当にそういう茶だったかどうかはわからないのではないかという著者の指摘には(国宝になっている待庵が利久の手によるかどうかも含め)、説得力を感じました。

私自身、単なる門外漢ですが、今後もこの分野には興味、関心を持ち読書をしてみたいと考えています。