元検事の弁護士です(お問い合わせ→http://bit.do/yojiochiai)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「源頼朝の真像」

 

かなり前に買って、読みたいと思いつつ読めずにいたのですが、そのうち、紙の本がどこに行ったかわからなくなり、Kindleで読めるようになっていたので、Kindleで通読しました。

古い世代では、源頼朝像というと、神護寺蔵の端正な感じの肖像画が思い浮かびますが、現在では、あれは別人のものという説が有力になっているようで、本書では、甲斐善光寺にある源頼朝像こそ、その死後間もなく作成されたもので面影を反映していると、調査や思考により論証されています。ともに納められていた源頼家像(これは既に失われている)、源実朝像(現存)とともに、北条政子が作らせ納められていたという著者の主張、推論には説得力を感じました。

なかなか読めずにいたものが読め、また、内容も興味深いもので、良い読書となりました。

「まさか自分が」24時間お酒のことしか考えられず家庭も崩壊 コロナ禍に“真面目な人”を襲うアルコール依存症は「誰でもなり得る病気」

「まさか自分が」24時間お酒のことしか考えられず家庭も崩壊 コロナ禍に“真面目な人”を襲うアルコール依存症は「誰でもなり得る病気」(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース

生活の変化にストレスを感じ、お酒を“はけ口”にしていたと言います。 生活が荒れだすと、一緒に暮らしていた妻と子どもは家を出て行きました。

きっかけは、2020年4月、コロナ感染の疑いで自宅待機となったことでした。体は元気だったため時間をもてあまし、毎日、家でお酒を飲むようになったと言います。 そして復帰後も・・・

社会に出て働いていると、平日は仕事をし、時々、仕事の後とか休日に酒を飲み、といった自分なりのサイクルが確立してくる面がありますが、コロナ禍でそういったサイクルが崩れ、自宅に閉じこもっているうちに酒に走り、という人がかなりいるのではないかと、記事を読んで感じるものがありました。

仕事や今後の生活への不安といったことが、飲酒に拍車をかけてしまうということもあるでしょう。

人間、ちょっとしたことで崩れていくものだなと思いますし、それだけに要注意ということだと思います。

政府 「健康保険証の原則廃止」 骨太の方針に明記する方向

政府 「健康保険証の原則廃止」 骨太の方針に明記する方向(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

このほか骨太の方針には、現在は統一されていない電子カルテ情報の標準化を実現し、処方箋や予防接種の履歴など医療全般に関わる情報を共有・交換できる「全国医療情報プラットフォーム」の創設も盛り込まれる見通し。政府は、レセプト(診療報酬明細書)請求など医療機関の業務に関わるDX政策も骨太方針に明記し、医療のコスト削減を目指す方針だ。

こういった流れは今後、推し進めるべきだと思いますが、なぜ、動きがこうも鈍いのか、国の施策や社会の動きに、もどかしいものを強く感じます。

いまだに、ネットで見られれば十分なものを、いちいち紙で郵送してくる、といったものが多く、無駄を感じることも多くあります。遅くとも10年くらい前に、大胆に社会をIT化する方向に大胆に舵を切っておくくらいのことをしておくべきだったように思います。あらゆることが後手後手に回っていて、社会の発展が阻害されています。

現状では、与党が国政では安定多数を占めていますから、その強みを生かして、雑音を排除して強力に施策を進めていくくらいでないと、今後ももたもたとした状態が続くでしょう。

 

日本刑法学会第100回大会(@関西学院大学)

clsj.jp

5月21日、22日に関西学院大学(西宮市)で開催された日本刑法学会第100回大会に行ってきました。リアルでの学会に参加するのは久しぶりでした。

私のような、しがない弁護士にとっては、こういった大会で展開されている議論の多くは能力を超える高度なものですが、現在、どういったことに学会の関心が向けられどういう議論がされているかを垣間見るだけでも参考、勉強になるものがあります。今回の大会でも、最先端の学説や実務にも関連するトピックに接することができ、大変、刺激、勉強になりました。

関西学院大学のキャンパスが実に綺麗で良い環境にあり、こういうキャンパスで大学生活を送ってみたかったと思いました。

夜は、知人と会食もでき、充実した週末でした。

 

「年を取ったから、睡眠の質が落ちた」と考えていませんか?

「年を取ったから、睡眠の質が落ちた」と考えていませんか?(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース

健康でいる限り、睡眠の老化のスピードは比較的ゆっくりしていると言えそうです。また、睡眠にはそもそも大きな個人差があるため、他の人の睡眠と自分のそれを比較しても無意味だと開き直りましょう。痛みやかゆみなどへの対処も大事ですが、食事や運動など生活習慣も睡眠の質に深く関わってきます。

私は現在、58歳ですが、若い頃に比べ、睡眠時間が短くても体の疲れが取れるようになった気がします。若い頃は、朝、眠くてたまらない、というのが通常でしたが、最近はそういうことがなくなりました。身体の疲労度により、ぐっすり寝る時とそうではない時があるようで、後者の場合は、明け方、1度目が覚めて、また寝るということが割とあります。眠りの深さは日による感じでしが、眠れないことはなく、朝、目覚めると身体の疲れはすっきり取れてはいますから、睡眠としては悪くないのだろうと感じています。

睡眠で悩んだり薬を飲んだりしている人は少なくないと思いますが、自分なりの良い睡眠というものを目指していくべきということでしょう。

【速報】「屋外でマスク不要」 政府見解を発表 散歩・徒歩通勤・未就学児も 通勤電車はマスク着用を

【速報】「屋外でマスク不要」 政府見解を発表 散歩・徒歩通勤・未就学児も 通勤電車はマスク着用を(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

政府見解によると、屋外では、周囲と2メートル以上の距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクの着用は必要ないとした。具体的な事例として、徒歩での通勤など、屋外で他人とすれ違うような場合を挙げた。

これに対して、通勤電車の中では、会話をほとんど行わない場合でもマスク着用を推奨するとしている。

私も、特にこれからは暑くなるのでマスクをせずに済むならありがたいと感じていますが、上記の政府見解では、状況によりマスクをしなくても良かったり着用が推奨されたりと、一律ではなく判断が難しそうです。

また、マスク着用については厳格に考える人とそうではない人の差異もあり、そういった様々な人々が社会内に併存していますから、今後、見解の対立や争いも激しくなりそうな予感がします。

極端な考え方に依りはじめるとキリがないですが、どこかで社会の大多数の合意を見る落とし所を見出していくしかないでしょう。なかなか悩ましいものがあります。