元検事の弁護士です(お問い合わせ→https://onl.la/xrg7wSi)

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   070-8558-3330

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

「その日のまえに」

 

かなり前に本を買って、その中のいくつかの物語を読んだことはあったのですが、通読はできておらず、アマゾンのオーディブルで出ていたので、移動中に聴いて「通読」(通聴?)しました。

ガンに犯された妻との最後の日々を描いた作品など、人情の機微に触れる、味わい深い作品が揃っていて、改めてしみじみと、じっくりと聴きました。

私の読書は、圧倒的に歴史関係のものが多いのですが、こういった小説もたまには良いものだと思いました。

 

「テキヤの掟」

 

暴力団と言われるものの中には、歴史的経緯から、博徒系、愚連隊系、テキヤ系がありますが、私自身、検察庁在籍当時に取り調べたり公判に立ち会ったのは、博徒系、愚連隊系の組関係者がほとんどで、テキヤ系は、たまに、覚醒剤を取り扱っていて事件になっていることがある、という程度であった印象があります。他の2者とは毛色の異なる人々、という印象が今でもあります。

そういう中で、たまたま本書の存在を知って読んでみました。

著者は、テキヤ関係者にインタビューして、その活動実態を具体的に紹介しており、私自身も、そうだったのかと思うような、未知のことも結構あって、そういう意味ではなかなかおもしろい内容でした。基本的に、お祭りなどに出店する商売人であり、ただ、商売上の都合もあって博徒系、愚連隊系との付き合いもあり、また、伝統的な組織の在り方が他の2者と共通性があって、そういった実態から、反社会的集団と位置付けられているのでしょう。そこは、著者も指摘するように、反社会性を払拭して、純粋に商売人の集団になっていくことが今後の課題だろうと私も感じるものがありました。

 

【独自】スペースジェット、開発中止決定 次期戦闘機に知見生かす

【独自】スペースジェット、開発中止決定 次期戦闘機に知見生かす(Aviation Wire) - Yahoo!ニュース

国が機体の安全性を証明する「型式証明(TC)」を取得しても事業として成立しないため、これ以上の投資は難しいと判断した。スペースジェットの開発で得た知見は、日本と英国、イタリアの3カ国で共同開発する次期戦闘機などに生かす。

スペースジェットは、これまでに少なくとも約500億円にのぼる補助金などの公的資金が投じられている。

YS11以来の国産民間航空機ということで、鳴り物入りで脚光を浴び、大いに期待されていただけあって、この悲惨な結末は残念と言うしかありません。それだけでなく、記事にもあるように、多額の公費も投入されてきたわけですから、失敗の経緯をきちんと納税者へ説明すべきでしょう。

その上、懸念されるのは、民間航空機の開発に失敗した会社が、次期戦闘機の共同開発に関わることで、知見を生かすと言われて、ああそうですかと納得できる人は少ないと思います。そういった懸念や不安に対しても、きちんとした説明が必要でしょう。

日本の工業技術の水準が低下している現れでなければ良いと思うのですが。

「児童手当」って何?  少子化対策で議論活発に

「児童手当」って何? 少子化対策で議論活発に(時事通信) - Yahoo!ニュース

特に首都圏では生活費や教育費がかかり、年収1200万円以上の世帯でもそれほど余裕がないという声も多い。これまで所得制限の撤廃に慎重だった自民党内でも親の所得に関係なく支援すべきだとの意見が広がってる。

少子化対策を考える場合、出産可能な女性が、子供を産もうと考えるよ環境を積極的に作る必要があるでしょう。産んでも十分にやっていけると思えるような環境が必要だと思います。

そのためには、大きくない金額の手当をばらまくよりも、そういった手当は低所得者層に重点的に配分し、出産、育児を少ない負担でできたり、子供と一緒に住むための住居を割安で借りられたりといったきめ細かい環境作りをやっていったほうが良いのではないかと私は感じます。

2人目以降の子供がいる人には将来の年金を加算する、といったことも検討の余地があるでしょう。

安易に、金をばらまけば良いといった発想ではなく、出産しようとする人の立場に立った効果的な対策を講じる必要があると思います。

回転ずしチェーン、対策強化 アクリル板、カメラで監視も 迷惑行為撃退へ

回転ずしチェーン、対策強化 アクリル板、カメラで監視も 迷惑行為撃退へ(時事通信) - Yahoo!ニュース

接客などで進む機械化の隙を突かれた形だが、深刻な人手不足を背景に従業員を増やすことは簡単ではない。アクリル板の設置や監視用カメラの改修など、マンパワーに頼らない工夫で行為の撃退を目指す。

私も、回転寿司は好きで時々利用していますが、席に案内されると、あとは会計まで客はほったらかしで、現状で問題になっている迷惑行為をしようと思えばいくらでもできる、そこが大きな問題だと感じます。

各席にカメラを設置して、飲食する姿はすべて録画して一定期間保存されるくらいのことをしないと、迷惑行為を抑止するのは難しいでしょう。何も問題行動をしなければ、録画、保存されても、データがきちんと管理されている限り、困ることは何もないので、善良な客を保護するためにも、それくらいのことはやって良いと感じるものがあります。

こういった問題が生じる背景には、日本人の道徳心の低下、人としての質の低下といった問題もありそうです。

ふるさと納税、世田谷区が返礼品攻勢…一挙100品追加で寄付急増

ふるさと納税、世田谷区が返礼品攻勢…一挙100品追加で寄付急増(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

寄付額の増加に伴う税収減は、魅力的な返礼品を用意できない都市部にとって特に深刻な問題となっている。23区長でつくる特別区長会は、22年度に計約2600億円が流出したと試算した。23区の約1年分の教育予算に匹敵する額で、比較的豊かな区の財政にも影を落としつつある。区長会は制度の抜本的な見直しを国に求める提言もまとめている。

そもそも、返礼品で釣って納税させるという現状には、大いに疑問があると言うしかありません。返礼品にかかるコスト分、本来入るべき税収が減っていることになりますし、そういう税収の奪い合いのような状態が好ましいとも思われません。

この地域を応援したいとか、出身地に恩返ししたいとか、そういった人が、居住地以外に納税できるという、制度の本来のあるべき姿に立ち返るべき時期に来ていると思います。