Apple、iPad Proの生産台数を低めに設定か

http://iphone-mania.jp/news-90758/

9月の発表会でお披露目され、11月上旬には登場する予定のiPad Pro。これまでのiPadシリーズと比較するとかなり大きめのディスプレイを搭載しており、専用のスタイラスペン「Apple Pencil」も発表されていることから、すでに興味のあるユーザーは多いかと思いますが、台湾ニュースメディア『Digitimes』は同デバイスの生産台数について、Appleがかなり保守的に設定していると伝えています。

私も、多分、買わないだろうと思いつつ思案中ではあるのですが、なぜ思案するかといえば、

・iPad mini4を結構使っていて、それ自体が既にiPhone6sPlusとかぶり気味
MacBookも結構使っていて、キーボード使ったPC的な端末はもう要らない感じ
・加えて事務所用に新iMacも導入

という状態で、これに加えてiPadProでは、完全にかぶりまくりだな、と思うが故です。Apple Pencilは是非とも使ってみたいとは思っているのですが。こういった製品を使おうとする人は、大なり小なり似たような状態だろうと思いますので、価格が高いというだけでなく、そういった、かぶり、で迷う人もるのではないかと思います。
とは言え、そういうことをものともせずに迷いなく突っ込んで買いに走るのがApple教の信徒?の王道かもしれません。
買う、買わないはともかく、発売が楽しみです。