ボーガン所持、許可制に スポーツ射撃に限定 銃刀法改正案を閣議決定

ボーガン所持、許可制に スポーツ射撃に限定 銃刀法改正案を閣議決定(時事通信) - Yahoo!ニュース

改正案は、クロスボウについて「引いた弦を固定し、解放することで矢を発射する仕組みを持つ弓のうち、人の生命に危険を及ぼすもの」と規定。警察庁によると、現在流通している威力が最も低いものでも対象になる。

 これだけ殺傷能力の高いものが、今まで銃刀法の規制を受けず野放しで放置されていたことが驚きですし、今になって法改正でこういった規制ができるのであれば、もっと早期にできていたはずであって、銃刀法の所管官庁である警察庁の怠慢には著しいものがあると思いますね。

市中には相当数のボーガンが存在しているはずで、改正法成立後は、そういったものにいかに対処するかが大きく問題になるでしょう。地下で、闇で取引されるボーガンも増えそうであり、法改正後の取り締まりにも大きな課題があるように感じます。