時速239kmで走行...男書類送検

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00028440-houdouk-soci

時速239kmでのスピード違反は、国内史上最速とみられるという。

私が乗っている車はスピードメーターに320キロまで表示がありますが、250キロでリミッターが作動するらしく、もちろん、国内でそんな高速度で走ったことはありませんが、239キロというのは国内で現実に走行する上では最高速に張り付いた数字でしょうね。
前に、ドイツのアウトバーンで、200キロくらい(正確には195キロくらいだと思いますが)で走行したことがあるのですが、国内でトロトロと走っているのとは全く異なる世界で、前を走る車がちょっと減速すると、あっという間に車間が詰んできて、とても怖かったのを今でも思いだします。このレベルで走行する車では、ブレーキ性能が重要であることがよくわかりましたし、スピードが出ることよりもむしろ、出したスピードをいかに減速できるか、そこが大切であるということを痛感しました。
今度、ドイツへ行った際には、300キロぐらい出る車に乗って、250キロくらいは出してみたいと考えています。しかし、国内では危険ですから、良い子は上記のような人の真似をするのはやめましょう。