サイバー犯罪の多くは技術的な攻撃ではない

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0606/30/news106.html

「サイバー犯罪というと技術的な攻撃だと思われているが、最近はソーシャルエンジニアリングのテクニックを用い、人の心の弱さにつけ込んで入り込み、お金を取ろうとするものが多い」

警察庁の技術担当者がいろいろと語っていますが、現状を的確に説明していて、参考になると思います。
サイバー犯罪の多くは、日常の中のちょっとした注意で被害者になることを避けられる、というのは、私も間違いないと思っています。