裁判制度

取り調べ可視化を制度化 通信傍受拡大も検討 法制審が構想案

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130118/trl13011822480004-n1.htm http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130118/trl13011822480004-n2.htm 取り調べに依存しない捜査・公判の在り方を議論している法制審議会(法相の諮問機関)の「新時代の刑事司…

“判決は短く分かりやすくすべき”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130106/k10014610821000.html 検討結果は「裁判員裁判では争点を絞って審理を行い、法廷で直接見聞きしたことで意見を交わすのだから、判決もこれまでより短く、分かりやすくできるはずだ」と指摘しています。 最高裁はこ…

Japan crime: Why do innocent people confess?

http://www.bbc.co.uk/news/magazine-20810572 But on 9 October, the real perpetrator sent an email to a lawyer - Yoji Ochiai - and local media, explaining how he or she made those threats by taking control of innocent internet users' compute…

弁護士 経験共有乏しく

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/feature/aomori1348842371812_02/news/20121001-OYT8T00035.htm?from=tw 青森県弁護士会には、裁判員裁判を担当できる弁護士の名簿がある。県内約100人のうち、記載されているのは若手中心の52人。もともと刑…

裁判員制度「法廷中心の審理できていない」 施行3年で最高裁検証

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121207/trl12120721500006-n1.htm 今年5月に施行3年を迎えた裁判員制度について、最高裁は7日、実施状況を検証した結果、「比較的順調だが、供述調書などの書面による立証が中心で、制度が目指す法廷中心の審理が…

【大阪地検特捜部は再生できるか】(4)肥大化したおごり…真相に迫る「魂」喪失

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121025/waf12102513430027-n1.htm かつて「特捜の鬼」と呼ばれた検事がいた。主に大阪地検を中心とする「関西検察」で過ごし、大阪高検検事長を最後に退官した故別所汪太郎(おうたろう)(平成10年没)…

「東電事件再審」 高検が異例の無罪検討

http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201210&storyid=43735 高検が有罪から無罪へ主張を転換する見通しとなったのは、被害女性と最後に接触した人物のものである可能性が高い爪の付着物でも第三者の存在が裏付けられ、有罪立証のよりどころを失ったた…

検察崩壊 失われた正義

検察崩壊 失われた正義作者: 郷原信郎出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2012/08/31メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 78回この商品を含むブログ (7件) を見る郷原先生にから贈っていただきました。ありがとうございました。今日、羽田から新千歳への機…

取り調べ可視化 カメラが心理影響 検事萎縮…追及の手、ブレーキも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000106-san-soci 今回の報告は法制審にも提出される。捜査当局内部には全過程の導入に反対論が根強く、警察庁が昨年6月に公表した検証結果によると、全過程可視化については警察の取調官の約97%が異を唱え…

ETV特集「死刑執行 法務大臣の苦悩」

http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2011/0227.html 番組はかつて明かされたことのない「法務大臣と死刑執行の決断」に焦点を絞る。千葉大臣による死刑執行の決断に至るまでの経緯を詳細に検証しながら、長い死刑執行の歴史の中で、命令書へのサインを前に…

裁判員時代に死刑を考える

裁判員時代に死刑を考える (岩波ブックレット)作者: 郷田マモラ,竹田昌弘出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/05/11メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 5回この商品を含むブログを見る先週金曜日夜に、TBSラジオのDigに呼ばれて、陸山会事件につ…

小沢氏無罪、司法改革にも影響 議論進む可能性

http://digital.asahi.com/articles/TKY201204270718.html 〈強制起訴制度の見直し議論が予想されるポイント〉 ・強制起訴できる要件を厳しくするか ・検察が「嫌疑不十分」とした事件を除き、「起訴猶予」にした事件に限るか ・審査対象者や弁護人からも弁…

DNA型鑑定を「新証拠」に再審開始相次ぐ

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120416/trl12041622030005-n1.htm 刑事訴訟法は再審開始の要件を「無罪にすべき明らかな証拠を新たに発見」した場合と定めている。かつては「開かずの扉」とも言われた再審だが、近年は科学鑑定技術の向上に伴い、D…

裁判員裁判:弁護人が裁判員接触 東京地裁立川支部、解任せず

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120320ddm012040123000c.html 弁護士は13日か14日に支部7階にある一般用の喫煙室で、同事件の裁判員と話をしたという。 この裁判員から支部に報告があり判明。裁判員は評議の雰囲気などについて尋ねられたとみ…

県内も「鑑定留置」増加 裁判員裁判導入後

http://www.shinmai.co.jp/news/20120221/KT120215FTI090011000.html 元検事の落合洋司弁護士(東京)は、裁判官だけの裁判では数時間から数日で結果が出る簡易鑑定で済ますこともあったと指摘。「裁判員制度導入で、裁判員により丁寧な判断材料の提供が求め…

19年ぶり死刑ゼロ、慎重な法相 是非の議論は深まらず

http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY201112280771.html 昨年7月、死刑廃止派ながら執行に踏み切った千葉景子元法相は省内に勉強会を設置した。その後の法相は次々と交代。柳田稔氏は2カ月で昨年11月に辞任し、今年の年初は官房長官と兼務の仙…

金づちで父親殴打事件 傷害致死に訴因変更

http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000001112010002 結審後、判決の言い渡しは10月25日に予定されていたが、入院していた父親が同19日に死亡したため、期日が取り消され、地検が死因と事件との因果関係を調べていた。 山形地裁が訴因…

裁判員裁判やり直し?判決直前に被害者死亡

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111103-OYT1T00348.htm?from=tw 山形地裁で10月にあった傷害罪に問われた男の公判で、判決6日前に入院中の被害者が死亡し、地裁が「訴因変更の可能性がある」として、判決期日を延期する異例の事態となっている…

村木さん、周防監督ら 取り調べ可視化で法制審議会委員に

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110607/trl11060721390012-n1.htm 取り調べや供述調書に過度に依存した捜査を見直し、「おとり捜査」や「司法取引」といった新たな捜査手法の導入も含めた包括的な議論が行われる予定。最終的な答申までには数年かか…

’11裁判員:初の全面無罪を破棄 覚醒剤密輸「1審は事実誤認」 東京高裁実刑判決

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110331ddm041040064000c.html 被告は「土産物として缶を預かっただけで中身は知らなかった」と主張したが、小倉裁判長は渡航目的や缶の入手経緯に関する供述が変遷していることから「説明が通用しなくなる度にうその…

実際と異なる調書、作成指示された検事26%も

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110310-OYT1T00936.htm?from=main7 調査は、同会議からの要望を受け、先月、他省庁への出向者らを除く1444人を対象に無記名で行われ、9割に当たる1306人が回答した。 大阪地検の不祥事では、事実と異なる…

「本当に調書は怖い」 無罪確定の村木さんから意見聴取 検察の在り方検討会議

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110127/trl11012719240070-n1.htm 村木さんは「なぜ組織的に事実と違う調書が作られたのか。調書は怖いと思ったし、調書に頼る裁判も怖い」と指摘。 検察の在り方は、いくら検討しても、問題だらけで、ではどうするか…

検察の岐路:/1 93年、検事が調べ中に暴行・逮捕 まず「調書」ありき

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101215ddm041040093000c.html?link_id=RSH01 元検事は事件時、静岡地検浜松支部から応援検事の一人として東京地検特捜部に派遣され、参考人2人に暴行した特別公務員暴行陵虐致傷容疑で逮捕、起訴された。「お前を屋…

組幹部射殺事件、裁判員裁判から除外請求 福岡地検支部

http://www.asahi.com/national/update/1208/SEB201012070050.html 事件の背景には暴力団内の抗争があると見られ、地検支部内には構成員が裁判員に圧力をかける恐れや、裁判員が恐怖を感じる可能性があるという意見があった。地検支部は昨年10月の起訴以来…

特捜事件の「可視化」検討=郵便不正検証で最高検

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101202-00000159-jij-soci 検察関係者によると、最高検は、郵便不正事件の公判で供述調書の大半が却下されたことなどを受け、容疑者が任意で自白したことを立証するために、特捜事件の一部可視化を検討。現職の特捜部幹…

民主党法務部門会議における意見陳述

昨夕、民主党法務部門会議に呼ばれ、大阪地検証拠改ざん問題についての意見陳述を求められたので、意見を述べてきました。日弁連も一緒に呼ばれていて、日弁連としての意見を述べていました。日弁連としがない弁護士が、同じ機会に意見陳述、ということで、…

郵便不正 法廷証言重視の原点へ 「調書裁判」の終焉

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100911-00000126-san-soci 裁判員裁判の広がりで調書重視から法廷のやりとりへの移行が進むなか、今回の無罪判決は「調書裁判」の終焉(しゅうえん)を示唆したといえる。 そう安易に片付けてよいか、ということでしょ…

被告自殺で公訴棄却 裁判員裁判で保釈中の教諭

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100908/trl1009081911015-n1.htm 関係者によると、教諭は6月に保釈され、自宅で家族と生活。その後行方不明になった。7月上旬、滋賀県内のキャンプ場のトイレで首をつっているのが発見された。弁護人は保釈の際に…

<国選弁護制度>「ゼロ接見」実態調査 日弁連

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000011-mai-soci 関係者によると、昨年以降、弁護士が受任した被疑者国選事件約6万件のうち1000件を超えるゼロ接見が報告されているという。ただし、日弁連は▽容疑者を受け持った複数の弁護人のうちの一…

心神喪失と診断、勾留17年の被告が自殺か 千葉

http://www.asahi.com/national/update/0809/TKY201008090186.html 死亡した被告は92年10月、千葉県松戸市のガソリンスタンドで店長(当時38)を殺害し、現金約56万円を奪ったとして逮捕された。起訴後、千葉地裁松戸支部で裁判が始まったが、被告は…