表現の自由

名誉棄損:地方3紙に賠償責任なし 通信社記事巡る訴訟

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090728k0000e040096000c.html 高裁判決は1審同様、共同通信について「警視庁の会見や病院の内部調査報告書に基づいている」と賠償責任を否定。一方、1審は3社について「配信を受けたことだけを理由に、記事が真実…

表現の自由? 小向美奈子ストリップ“盗撮”騒動

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000554-san-ent 写真週刊誌の「フライデー」が、元グラビアアイドルでストリップデビューした小向美奈子(24)の舞台写真を掲載したことをめぐり、劇場の浅草 ロック座と週刊誌を出版した講談社との間で騒動…

拘置中の新聞制限は違法と判断 大阪高裁、賠償請求は棄却

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009061101000804.html 国側は「ほかの2紙を読ませている。新聞は内容に大差はない」と主張したが、一宮裁判長は「国は表現の自由に最も気を配らなくてはならない立場なのに、報道の重要性を看過するかのごとき主張は…

アマゾンが販売自粛 少女の過激水着DVD

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090518/crm0905180136001-n1.htm 小中学生など18歳未満のモデルが露出度の高い水着を着たり、性行為を連想させるポーズをとる作品は近年、過激化。違法の線引きは明確でないが、今年2月には、水着の下に手を入れ…

日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090507-00001111-yom-soci 今年に入り海外の人権団体で問題視されるようになり、英国ではこのゲームをアマゾンで入手できることに驚いた国会議員らが同国内での流通に反対する動議を提出した。こうした動きが英国などの…

雑誌協会が司法権力を批判「恣意的な言論弾圧」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090420/trl0904201628007-n1.htm 「裁判員制度」の問題点を指摘してきた雑誌に対する「司法権力の意志の表れ」とする見解を表明した。 裁判員制度の実施が迫ってきた時期に、雑誌ジャーナリズムへの「懲罰的ともいえ…

民放連、最高裁に審理の撮影申し入れ…裁判員制度を前に

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090205-OYT1T01171.htm 申し入れ書は、(1)裁判員の選任手続きや、法廷で行われる証人尋問などの撮影・録音を認める(2)記者会見で裁判員の体験を取材できるよう裁判所側も協力する――などを求めた。 裁判員制…

米最高裁、ウェブポルノを規制する児童オンライン保護法を最終的に却下

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20386876,00.htm COPAは、オンラインポルノへの不安が高まった1990年代後半、裁判所に骨抜きにされた以前のネット検閲法に取って代わるものとして、より対象を狭めたかたちで制定された。COPAでは、「…

<NHK番組改変訴訟>市民団体側の敗訴が確定…最高裁判決

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080613#1213295862でコメントしましたが、判例時報2021号3ページ以下に掲載されていました(最高裁第一小法廷平成20年6月12日判決)。判例時報のコメントでは、放送事業者の表現の自由や国民の知る権利を重視した…

アウト・オブ・コントロール―ネットにおける情報共有・セキュリティ・匿名性

アウト・オブ・コントロール―ネットにおける情報共有・セキュリティ・匿名性作者: 大谷卓史出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2008/04/18メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (8件) を見る今年の5月か6月ころに買って、8割くらい一気に読…

悪質書き込み:処罰めぐり賛否両論(上)(下)

http://www.chosunonline.com/article/20081026000005 http://www.chosunonline.com/article/20081026000006 高麗大法学部の張永洙(チャン・ヨンス)教授は、「本人確認制度はあるものの、いざ実際に文章を書くとなると、実名を明かさずIDを使うことが多い…

「天皇伝説」上映認める 横浜地裁「混乱防止できないほどの事情なし」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081010/trl0810101925005-n1.htm 北沢章功裁判長は「使用許可を取り消さなければ混乱を防止できないほどの特別な事情は認められない」と判断した。 決定によると、横浜市中区は9月、10月14、16日の2日間の会…

オリコン損賠訴訟:コメントで名誉棄損、認定 東京地裁(平成20年4月22日判決・判例時報2010号78頁)

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080423#1208903532で取り上げた事件ですが、編集前の、コメントした者に関する責任について、判決で、本件の事実認定としては「同意」があったとしつつ、その前提となる規範定立部分では、「自己のコメント内容がそのままの…

同性愛雑誌、拘置所では読めない? 人権侵害と東京弁護士会

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080703/trl0807031318004-n1.htm 以前に拘置されていた横浜拘置支所では、許可されていたという。 東京弁護士会は「閲読制限は施設の秩序を維持するため本当に必要な場合だけに限られる。横浜拘置支所では許可され、…

<NHK番組改変訴訟>市民団体側の敗訴が確定…最高裁判決

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080612-00000055-mai-soci 小法廷は「憲法が定める表現の自由の保障の下、番組の編集は放送事業者の自律的判断に委ねられる」と指摘。取材対象者の「期待・信頼」が法的に保護され得るのは、取材に応じることで著しい負…

<ネット規制>法案可決へ 「表現の自由に影響」と反対続出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000131-mai-soci マイクロソフトやヤフーなどIT(情報技術)関連5社は9日、「有害情報の定義をすることは本来、国民それぞれの価値観によって判断されるべきものを国が決めることになる。削除等の努力義務…

有害サイト制限、携帯に機能強制 広島市、初の条例化

http://www.asahi.com/national/update/0519/OSK200805180048.html 「青少年と電子メディアとの健全な関係づくりに関する条例」で、3月に制定された。インターネットの学校裏サイトなどがいじめや犯罪の温床として社会問題化しており、性的感情を刺激するサ…

性表現規制の限界―「わいせつ」概念とその規制根拠

性表現規制の限界―「わいせつ」概念とその規制根拠作者: 加藤隆之出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2008/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 128回この商品を含むブログ (6件) を見るこの本の中でも取り上げられている、条例による有害図書規制に…

「悲しみは一生消えない」 阪神支局襲撃、21年

http://www.asahi.com/national/update/0428/OSK200804280117.html 市民が銃の犠牲になる事件は後を絶たない。「そのたびに息子のことを思い、腹が立ちます。息子のこと、事件のことをいつまでも忘れないでください」と訴えた。 下記のエントリでも触れたよ…

接続業者に努力義務 児童ポルノ法改正で与党

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008050201000723.html 改正案には悪質サイトの削除や捜査機関への協力などプロバイダーが取るべき措置を明記する見通しだ。 この調子では、プロバイダが、公権力に代わって(端的に言えばその手先となって)、インター…

MS、ヤフーなど自民に意見書 「ネット規制法案、結論ありきで拙速」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/23/news114.htmlこの問題に関する私の意見は、http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20070808#1186510027 http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080104#1199409625 http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080306#1204732045で述べ…

青少年のアクセス防止法案 有害サイトで自民、罰則も

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008030501000782.html プロバイダー(接続業者)、インターネットカフェ事業者らに、サイト上の有害情報を18歳未満の者が閲覧できなくするような措置を義務化。国などの是正命令に従わない場合には最高で「6月以下…

「ビデ倫」幹部逮捕へ わいせつDVD流通助けた疑い

http://www.asahi.com/national/update/0229/TKY200802290387.html ビデ倫は04年10月にモザイク処理を緩和し、06年8月にはヘア露出を原則解禁するなど、審査基準を段階的に緩めてきた。警視庁は、審査基準が緩和された点を重視しており、ビデ倫理事長…

名誉棄損「ネットは別基準」 書き込みで無罪 東京地裁

http://www.asahi.com/national/update/0229/TKY200802290352.html 男性は、飲食店グループを経営する企業と宗教団体が一体であるような文章をホームページに記載したとして、この企業に刑事告訴され、東京地検は04年に在宅起訴。並行して、民事の損害賠償…

最高裁、写真集のわいせつ性否定 メイプルソープ作品輸入禁止取り消し

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008021902088819.html?ref=rank 問題になった写真集は、映画配給会社「アップリンク」が1994年に日本語版を出版した「MAPPLETHORPE」。同社の浅井隆社長(52)が99年、米国出張に携…

広島市暴走族追放条例に関する最高裁判決

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20070919#1190162546でコメントしましたが、判例時報1987号150ページに掲載されていました。 判例時報のコメントでも、「本条例は、規制対象を過不足なく記述するという立法技術的観点からは、その配慮に欠けた甚だ拙劣…

「違法では」講談社内にも不安の声 調書流出問題

http://www.asahi.com/national/update/1103/OSK200711020075.html 講談社内でも、出版への不安はあった。発売間近の5月、関係者が顧問弁護士に見解を聞くと、刑法の秘密漏示罪に触れる可能性があると指摘された。しかし、刷り上がった初版本は書店への出荷…

医師拘置不服の準抗告棄却=放火殺人調書漏えい事件−奈良地裁

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007101800397近く、この件で取材を受けるということもあって、改めていろいろと考えていますが、現行の刑事法制の下で、告訴を受け、捜査機関が秘密漏示罪の嫌疑に基づいて捜査を行う、ということは、法が厳然として存…

「鳥居で首つりやめて」映画に抗議 神社関係者「冒涜」

http://www.asahi.com/national/update/1006/TKY200710060277.html 鳥居で首つりはやめてください――。公開中の和製西部劇映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」で、鳥居で人が首つりにされている場面をめぐって神社本庁など神社関係者が抗議し、制作側が映…

強制捜査は「当然」 調書漏えい事件で長男の祖父語る

http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070922/jkn070922001.htm先日、奈良地検が強制捜査に着手したということで、http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20070914#1189722991とコメントした件ですが、「少年」側の被害感情はかなり強いようです。 「なぜ少年審判が…